■ アレルギー検査


当院では、血液によるアレルギー検査(IgE検査)を実施してい
ますが、検査を受ける前に、必ず以下の点について、確認下さい。


① 検査で、アレルギー物質が必ず特定されるわけではない
  多くの場合、一つの物質ではなく、様々な物質に陽性反応が
  でます(アレルギー物質候補として挙がります)。全く、アレ
  ルギー症状が出ていない動物でも、陽性反応がでることが
  あります。つまり、100%陽性反応=アレルギー物質とは言
  ません。

 

② 国内には様々な検査機関がある
  国内には、様々な検査機関があります。検査機関によって、測
  定項目や定果が、異なることがります。

 

③ 国内では、ヒトでは用いられていない検査方法がある
  アレルギー反応には、Ⅰ~Ⅳ型があると言われています。この
  ヒトではⅠ型のアレルギー反応をIgEを指標に測定します。犬
  の場合、このⅠ型に加え、国内では、Ⅳ型の反応も検査可能
  です(リンパ球反応検査)。ただ、このⅣ型に関しては、存在
  自体が無いという研究もあり、いまだ謎が多い分野です。

 

④ 検査機関により、料金が異なります
  検査機関により、料金が10000~50000円と、まったく異なりま
  ます。当院では、現在、動物アレルギー検査会社の検査
  入しています。上記のⅣ型の検査も可能です。料金は、全て
  実施すると、50000円程度になります。

 

⑤ 医療経済学的な立場から一言
  料金的な事や、必ずしもアレルギー物質が特定できない事か
  ら、検査に踏み切れない方が多くいます。当院としては、上記
  ①~④を理解された上で、必要であれば飼主の同意を得て、
  検査を実施致します。ちなみに、一部の犬を除き、多くの犬の
  アトピー性皮膚炎は、低用量のステロイドでコントロール可能
  です。10kg程度の犬であれば、5mgのステロイドを2日に1回が
  一般的な当院の処方ですが、その場合、当院の処方料は、
  1ヶ月1200円程度です。つまり、5年分の処方料が検査費に
  かかることになります。

 

⑥ ハウスダストマイトに対するアレルギー検査と減感作療法
  ハウスダストに対するアレルギー検査を行い、陽性であれば、
  その物質を数回接種して症状を軽くする減感作療法が当院
  でも実施可能です。現在、改善率は70%程度と言われています。
  しかし問題点があります。症状が、ハウスダストのみに反応し
  ているのか、分からない事(他の物質にも同時に反応していれ
  ば減感作療法の効果がなくなる)。料金が高額である事(当院
  では、検査+6回の注射で7~80000円)。完治するか、未だ不
  明ある事です。問題点も多い事から、大手保険会社アニコム
  では、2017年4月現在、保険適応外になっています。