■ アレルギー検査


 

当院では、血液によるアレルギー検査(IgE検査)を実施していますが、検査を受ける前に、必ず以下の点について、確認下さい。




 

① 犬アトピー性皮膚炎のガイドラインでは

 

まず、大前提として、犬アトピー性皮膚炎の診断ガイドラインでは、アレルギー検査は、アトピー性皮膚炎の診断には用いるべきで無く、あくまで他の検査の補助にすぎないと、なっています。非常に重要な事なので、覚えておきましょう。では、何のために検査をするのかというと、後述する減感作療法や、今後予想されるアレルゲンの暴露を予防するために意味があるのだとされています。




 

② 検査で、アレルギー物質が必ず特定されるわけではない

 

多くの場合、一つの物質ではなく、様々な物質に陽性反応がでます(アレルギー物質候補として挙がります)。全く、アレルギー症状が出ていない動物でも、陽性反応がでることがあります。つまり、100%陽性反応=アレルギー物質とは言ません。



 

③ 国内には様々な検査機関がある

 

国内には、様々な検査機関があります。検査機関によって、測定項目や定果が、異なることがります。



 

④ 食物アレルギーはIgE検査を素通り?

 

人間の報告では、食物アレルギーとIgE検査の結果がかい離する場合が有ることが多数報告されています。




  ⑤ 国内では、ヒトでは用いられていない検査方法がある
 

アレルギー反応には、Ⅰ~Ⅳ型があると言われています。ヒトではⅠ型のアレルギー反応を血液中のIgEを指標に測定します。犬の場合、このⅠ型に加え、国内では、Ⅳ型の反応も検査可能です(リンパ球反応検査)。ただ、このⅣ型に関しては、存在自体が無いという研究もあり、いまだ謎が多い分野です。



 

⑥ 検査機関により、料金が異なります

 

検査機関により、料金が10000~50000円と、まったく異なりまます。当院では、現在、動物アレルギー検査会社の検査を導入しています。上記のⅣ型の検査も可能です。料金は、全て実施すると、50000円程度になります。



 

⑦ 医療経済学的な立場から一言

 

料金的な事や、必ずしもアレルギー物質が特定できない事から、検査に踏み切れない方が多くいます。当院としては、上記①~⑥を理解された上で、必要であれば飼主の同意を得て、検査を実施致します。ちなみに、一部の犬を除き、多くの犬のアトピー性皮膚炎は、低用量のステロイドでコントロール可能です。10kg程度の犬であれば、5mgのステロイドを2日に1回が1ヶ月1200円程度です。つまり、5年分の処方料が検査費にかかることになります。



 

⑧ ハウスダストマイトに対するアレルギー検査と減感作療法

 

ハウスダストに対するアレルギー検査を行い、陽性であれば、その物質を数回接種して症状を軽くする減感作療法が当院でも実施可能です。現在、改善率は70%程度と言われています。しかし問題点があります。症状が、ハウスダストのみに反応しているのか、分からない事(他の物質にも同時に反応していれば減感作療法の効果がなくなる)。料金が高額である事(当院では、検査+6回の注射で7~80000円)。完治するか、未だ不明ある事です。問題点も多い事から、大手保険会社アニコムでは、2017年4月現在、保険適応外になっています。