■ 安全な手術を目指して


できる限り安全に手術を実施できるように努めています。 他院の手術と比較する際のポイントを①にまとめました。当院の手術実績等と併せてぜひ参考にしてさい。



① 当院の手術の特徴

 ● 2人以上の獣医師が参加
  獣医師一人とAHTで手術を行う病院があります。獣医師法ではAHTは医療行為はできません。手術中の急なトラブルの際、どうしているのでしょうか?
 ● 血液凝固能検査の実施
  通常の血液検査に加え、猫去勢手術以外の全ての手術に血液凝固能検査を実施しています。
 ● 糸を極力使わない手術の実施
  M・ダックス等で問題になっている縫合糸誘発性の腫瘍を避けるため、血管シーリングシステムを使用し、極力糸を使わない手術を行っています。
 ● 2系統の麻酔・人工呼吸器
  3kg以下の小型動物と、中型以上の動物とで2系統の麻酔・人工呼吸回路を設置
 ● 解析心電図計を常備(不整脈の対応)
  解析心電図検査が実施可能。2~3割の病院にしか導入されていません。悲しい状況です。
 ● 心エコー検査(心臓の機能検査)が可能
  ヒトの場合、手術前に、心エコー検査を実施しないなんてありえません。獣医療の場合は、多くの獣医師が心エコーができないのに加え、手術単価を下げるため去勢・避妊手術での心エコー検査はほぼ実施されていません。当院でも、若齢の去勢・避妊手術では通常行いませんが、いつでも検査が実施できる体制にはあります。
 ● 手術関連機器のバックアップ体制
  麻酔器、人工呼吸器は、急な停電にも対応できるものを使用しています。急な故障に備え、手術時の心電図モニターは4台血圧計は2台麻酔回路は2系統を準備しています。
 ● 術中の致死性不整脈への対応
  除細動機(カウンターショック)を常備し、致死性不整脈への対応に備えています。



② 当院の手術に関する基本方針

 ● 手術は、最低2人以上の獣医師が参加する
  手術には、術者、麻酔管理の最低2人の獣医師で実施。
 ● 手術前検査を十分行う
  術前に血液検査、レントゲン検査、心電図検査を実施し、健康状態の把握を十分行います。
 ● 安全性の高い全身麻酔薬を使用する
  安全性の高い吸入式麻酔薬を使用します。
 ● 安全に手術を行えるように努める   
  手術は人工呼吸器装着下で行い、術中の生体情報(血圧、心電図、体温、麻酔濃度など)は最新のモニターで監視しています。これらの情報は、術後も一定期間、病院のコンピューターに保存されます。ただし、ウサギさん、フェレットさん、ハムスターさんの手術は、人工呼吸器は装着できません。またハムスターさんは、生体情報モニターの装着はできません。
 ● 手術機器の安全性 
  麻酔器、人工呼吸器は、急な停電にも対応可能です。また急な故障に備え、手術時の心電図モニターは4台体制、血圧計は2台体制、麻酔回路は2系統準備しております。
 ● 高度な手術機器を使用する
  レーザーメス、血管縫合の必要のない血管シーリングシステムを使用し、出血のリスクの低下、手術時間の短縮に全力をつくしています。
 ● 緊急時の対応
  除細動機(カウンターショック)、心臓蘇生の薬剤を常備して手術を実施します。
 ● 手術器具は滅菌消毒したものを使用する
  手術器具は、感染症を防ぐため滅菌消毒、またディスポーザブルのものを使用しています。
 ● 手術記録をつける
  全身麻酔の前から手術の終了、目が覚めるまで、手術記録を作成しています。 
 ● 手術後の管理をしっかり行う
  手術後は、意識の回復が認められるまでしっかりと管理します。リスクの高い手術の場合は入院舎をカメラで遠隔モニター、録画を行い、可能な限り緊急時に備えています。



③ 当院の手術の流れ (去勢、避妊手術は、⑥⑯は状況に応じて)

 ● 術前検査 (暴れる場合は、③、④、は麻酔前投与薬投与後に行われる)
  ① 問診         
② 一般検査(聴診、体温測定、体重測定など)
③ 血圧測定      
④ 心電図検査
⑤ 血球検査(14項目)、内臓機能検査(14項目)、血液凝固能検査(♂猫去勢は除く)
⑥ 超音波検査  (状況に応じて腹部エコー、高齢の場合は心臓エコーも
⑦ 胸部レントゲン検査  
 ● 鎮静剤(麻酔前投与薬)の投与(暴れる場合は⑧と⑨が逆になることもある)
  ⑧ 点滴ライン(血管)確保 
⑨ 鎮静、麻酔前投与薬鎮の投与
⑩ 心電計モニターの装着、記録開始
 ● 全身麻酔
  ⑪ 吸入式ガス麻酔開始     
⑫ 気道確保
⑬ 人工呼吸 (小型動物用と、中型以上の動物用の2種類の麻酔回路を選択可能)
⑭ 血圧計、CO2、O2分圧測定開始
⑮ 点滴開始
⑯ 麻酔下にてレントゲン、超音波検査 (状況に応じて)
 ● 手術
  ⑰ 必ず獣医師2人以上で実施(通常、獣医師2人+助手1人で実施)
 ● 覚醒
  ⑱ ICUでの覚醒(小型犬、小動物)
⑲ 入院ケージに移動
⑳ 覚醒を確認、覚醒確認後もカメラで監視、録画(状況に応じて)