■ Boxer Study


Boxer Studyとは、当院が行っているボクサー心筋症の研究・調査です。2017年現在、下記の2つの論文と発表を行っています。

・ 不整脈源性右室心筋症 (Veterinary Circulation 6(3) 69-78(2017)

Arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy coincided with the cardiac fibrosis in the inner musclle
layer of the left ventricular wall in a boxer dog
(J Vet Med Sci 77(10) 1299-1303(2015))

共同研究者による発表(2013年獣医病理研修会)

治療については、最新情報を常にリサーチしている為、HPには記載しません。治療の質問は、E-mailで受付けています。


① ボクサー心筋症とは

② ボクサー心筋症の検査

③ ホルター心電図の装着

④ ボクサー心筋症の診断基準

⑤ 心臓エコー検査

⑥ 血液検査で診断可能か?

⑦ ご遺体の献体


① ボクサー心筋症とは

【古典的なBCMの考え方】
以前より、ボクサー犬では、失神や突然死などの特徴的な疾患形態をとる心筋症が発症することが知られていました。1983年にDr. Harpsterはそれをボクサー心筋症(Boxer cardiomyopathy、 BCM)と呼び、重症度に応じて以下の3つのカテゴリーに分類しました(1)(2)。
1  : 軽度な心室性不整脈が認められる。
2  : 重度な心室性不整脈を有し、運動不耐症や失神が認められる。
3  : 重度の心筋不全、心不全状態で、しばしば除脈性心室性不整脈が認められる。

【最近のBCMの考え方】
2000年代に入り、Dr. Meursらは、臨床形態や病理組織学的観点から、BCMがヒトの不整脈源性右室心筋症(ARVC)に酷似していることを報告しました(3)(4)。ARVCとは、1995年のWHO/ISFC合同委員会において、ヒトの心筋症分類に新たに加わったもので、右室の心筋細胞が、脂肪や線維脂肪に置換されることを特徴とする心筋症です。現在のところ、BCMは、ARVCであると考えられています。なおBCMとカルニチン不足との関連性が報告されたことがあります(6)。ある系統のボクサー犬においてはその可能性もありますが、ほとんどのボクサー犬ではBCMとカルニチン不足は関係ありません。

【参考文献】
(1) N. Harpster, Current veterinary therapy Ⅷ, WB Saunders, 329-37(1983)
(2) 小動物の心臓病学、Medical Science, 396-397(2003)
(3) C. Bass et al., Circulation, 109, 1180-1185(2004)
(4) K. M. Meurs, Vet Clin Small Anim, 34, 1235-1244(2004)
(5) N. V. Israel et al., UK VET, 8, 37-(2003)
(6) BW. Keene et al., J Am Vet Med Assoc 198, 647-650(1991)

  ページTOPへ




② ボクサー心筋症を検査するための24時間ホルター心電図検査(KISS Study)

Dr. Meursらは、24時間ホルター心電図検査で不整脈を調べる事により、BCMを診断することを提唱しました。ホルター心電図検査は、小さな心電計を体に装着して、24時間の心電図を計測するものです。

BCMでは、心臓エコー検査で異常が無いことがほとんどです。現在のところBCMを診断する最も有用なのは方法は、この24時間ホルター心電図検査なのです。

当院では、2008年より、国内のBCM罹患率の調査の為、KISS study  という診察料無料(包帯の料金、2160円)の、ボクサー犬の24時間ホルター心電図検査を行っています。

   ◎ KISS study  (金は、いらないから、心電図、測定させてね 研究)

     参加資格は、 

        ・ 1歳以上のボクサー犬

        ・ 数日のホルター心電図計装着に耐えられる犬

        ・ 皮膚炎のない犬

        ・ 飼い主がPCを使える環境にある


  ページTOPへ

 


③ ホルター心電図計の装着

  心電図計は、携帯電話程度の大きさです。
     


心電図計からリード線が出ていて、それを体に取り付けます。写真は4kg程度のダックスです。


  洋服を着させます。

当院のボクサー犬に装着

  

 知り合いのブリーダーさんのボクサー犬に装着


  ページTOPへ

 


④ 24時間ホルター心電図検査によるボクサー心筋症の診断基準

Dr. Meursは、ホルター心電計を用いて心室性期外収縮(VPC)を計測することにより、BCMを診断する5つの基準を提唱しました(4)。

◎ Dr. Meursが提唱したBCM(ARVC)の診断基準
正常(normal)   単発性VPCの発生が、24時間で0~20
再検査(indeterminate)   VPCの発生が、24時間で20~100、6~12ヵ月後に再検査
疑い(suspicious)   単発性VPCの発生が、24時間で100~300。繁殖を避け検査を繰り返す
罹患を示唆する(likely affected)   VPCの発生が、24時間で100~300、連発性VPCや心室頻拍が認められる。 あるいは、単発性VPCの発生が 24時間で300~1000
罹患(affected)   VPCの発生が、24時間で1000以上

【 実際のBCM心電図波形】       

 

  ページTOPへ



⑤ ボクサー心筋症と、他の心疾患を区別するための心臓エコー検査

BCMは、心臓エコー検査では診断できません。しかし、ボクサー犬ではBCM以外の心臓疾患が多発するために心臓エコーは必須です。特にAS、PS検査は必須です。ドイツのボクサークラブの証明書には、この検査結果を記入する欄が設けられています。心臓検査のページも参考にして下さい。

 

 

 
  

 
  
   

 

 

  ページTOPへ

 


血液検査で診断可能か?

① BNP
報告では、BCMの診断は不可能とされている。実際、当院でも検討したが、健常ボクサーとBCMで差はなかった。

② ANP
報告は無いが、BCMの診断は不可能と思われる。当院でも検討したが、健常ボクサーとBCMで差はなかった。

③ トロポニンンI
検査結果の解釈には非常に注意が必要。報告では、確かに健常ボクサーに比べ、BCMでは高くなると報告されているが、そもそも健常ボクサー自体が、一般の犬と比べて高い。つまり、トロポニンIが高い=BCMではない。当院の検討では、BCMの診断に用いるほどの有意性はなかった。

なお、ヒトでのARVCの診断にも、上記3項目は用いられていない。

  ページTOPへ

 


⑦ 遺体の検体について

当院では、心臓病疑いで死亡したボクサー犬の心臓の検体提供を求めています。かかりつけの先生にお願い頂き、ホルマリン固定した心臓を提供頂けると嬉しいです。検体は、病理検査を実施いたします。ARVCで無くても受け付けています。不明な点は、e-mailでお問い合わせください。時間は頂きますが、献体の検査に関しては全て無料で行っています。

【献体される場合の手順】

① 死後の献体の場合
 かかりつけの獣医師に依頼し、死後数時間程度以内に、心臓を摘出し、常法どうりホルマリン固定して下さい。その後、e-mailでお問い合わせください。

② 将来献体の考えている場合
 最低限(可能であれば毎年)、一度、24時間ホルター心電図検査(当院で無料で貸し出すことも可能です)もしくは病院内にて5分間の心電図検査を実施して下さい。更に、心臓の超音波検査を、特に心臓の右心系の評価が出来る獣医師で行ってください。数値化された評価結果を病院からもらってください。死後数時間程度以内に、かかりつけの獣医師に依頼し、心臓を摘出し、常法どうりホルマリン固定して下さい。その後、e-mailでお問い合わせください。

③ 当院近隣の方
 死後、数時間以内であれば、かかりつけの病院を介さずに、診察時間内に病院に献体にいらしてもOKです(診察時間以外は受け付け不可)。

【獣医師の皆さまに対するお願い】

① 可能な限り飼主様への金銭的負担は少なくして下さい。

② 死後5時間程度以内にホルマリン固定してください(死後、早ければ早いほど良い)。

③ 安楽死の場合は、へパリナイズをお願いします(過量用量で良いです)。死後摘出であれば必要はありません。

④ 生体ではないので(血圧はありませんから)、摘出手順(各種血管を切断する手順)はお任せ致しますが、心房部分、大動脈の基部は必要なので、出来る限り他の組織(肺など)がつくような形で摘出して頂いてOKです。

⑤ 摘出後の開胸部位の処置等は、お手数ですがお願い致します。

⑥ 心臓の摘出開始から、ご遺体の処置終了まで、約30~40分だと思います。

⑦ 不明な点があれば、お気軽にe-mailでお問い合わせください。

  ページTOPへ