■ 皮膚科


当院では、総合医による皮膚科の診察を実施しています。

① 総合医の皮膚科診療の基本

② 症例写真

③ 診察・検査の流れ

④ 皮膚病理組織学的検査のすすめ

⑤ アレルギー検査について

⑥ ステロイドに関する私見

⑦ アポキルに関する考え方(2017年4月現在)


① 総合医の皮膚科診察の基本は

 


・ まずその症状が命に関わる皮膚疾患どうか見極めること

・ 次にその疾患がヒトや動物にうつるものか確認すること

・ 更に各犬猫種に特異的な疾患であるかか検討すること


ページTopへ

② 症例写真(PCはクリックで拡大します)

腫瘍、腫瘤に関しては、誤解を招くので掲載していません。
そのような場合は、直ちにかかりつけを受診して下さい。

● 命に関わる皮膚疾患
甲状腺機能低下症 尻尾の脱毛、体幹や鼻梁に脱毛がでることもある。

痒み無し

緊急。放置すると死亡する。脱毛がなくても甲状腺機能が低下している症例もあるので注意。
副腎機能亢進症 腹囲膨満、多飲・多尿

背中にそっての脱毛、

痒み無し 放置すると死亡
紫斑 血小板異常、凝固能異常   痒み無し 緊急。放置すると死亡。ステロイドによる治療。
膵臓外分泌腺がん 当院論文報告   痒み無し 肝臓障害でも皮膚炎がでる場合がある。
皮膚型リンパ腫 全身の脱毛、多量のフケ、鼻・口唇部の色素の脱落、治療は困難
炎症性乳がん 未避妊犬 皮膚の赤みが非常に強いこともある 痒み無し 現在のところ治療法なし。一般的な乳腺腫は、こちら
ジステンパー性 眼やに、鼻水 痒み無し 仔犬、ワクチン未接種犬
急性のアレルギー 蕁麻疹 全身の突然の赤み 痒みが出る場合もある 原因物質が分からないこともある。お薬でもなることが有るため、初めて飲む薬には注意
急性のアレルギー

顔の腫れ、ムーンフェイス

 

ワクチンアレルギーでも起こるが、この2症例は、有名な消臭剤によるもの
肛門周囲腺がん 左の写真からわずか数カ月で、右の写真になった

初期は、下記の肛門周囲腺腫と区別が難しい

去勢により予防可能。去勢してない犬は、たまには、お尻にイボが出来てないか、みて下さい
ソ径ヘルニア お腹の中の腸が腹膜から出て、皮膚が膨らむ状態

臍で起きる場合は、臍ヘルニアと言う

脂肪と勘違いする場合が多い。ソ径部(肢の付け根)の急激なふくらみには注意
尿膜管遺残(臍膿瘍) 臍から尿や膿がでる この症例は自然治癒

 

友人が30代でこれになった。皮膚科では原因が分からず、泌尿器科でわかった


● ヒトにもうつる皮膚疾患
皮膚真菌症   円形の脱毛

痒い

ヒトにうつる
犬爪白癬

ボコボコ変形した爪が特徴

ヒトにうつる
ノミアレルギー ノミ、ノミ糞の確認 腰のジクジクした脱毛

痒い。ある日突然、脱毛ができることが多い

この皮膚炎自体はヒトにうつらないが、ノミがうつる

● 動物間でうつる皮膚疾患
疥癬

痒い

動画
疥癬(鳥)  

 

現在は、鳥の診察はしておりません。
毛包虫(アカラス)

痒い

成長後の発症の場合は、根治できないこともある(3ケ月に1回の投薬により症状はほぼコントロール可能)
ウサギのつめダニ フケが多くなる

痒みが出る場合もある

 

● 犬種猫種特異的な皮膚疾患
ダックスのパターン脱毛 耳介、胸部腹側、肛門周囲、臀部の脱毛

痒み無し

ある種のビタミン剤が効果を発揮することがあります
パグの被毛による角膜損傷 矢印 黒い部分は角膜の慢性的な炎症によるもの 色素性角膜炎

顔面のしわの被毛が、慢性的に眼の角膜に接触して起こる

有病率は80%以上と言う報告もある
白猫の日光過敏症   夏季に白猫の皮膚の薄い耳部

痒い

蚊によるアレルギーも症状が酷似している

● その他のよくある皮膚疾患
アトピー性皮膚炎

発生部位 

目の周りの脱毛

痒い

多くが低用量のステロイドでコントロール可能。柴犬、ウェスティの場合は、難治性
食事性アレルギー   発生部位

痒い

処方食で多くはコントロールできるが、アトピーと混合型の場合もある
急性湿性皮膚炎 腰や顔にでる ジクジクした脱毛が急に出現する

痒い

ノミアレルギーと同じ状態
マラセチア性皮膚炎 ペタペタした脂漏を伴う。アメ色の耳垢も特徴

痒い

シーズーに多い
膿皮症 背中の痒み、ブツブツ、抜け毛

痒い

フレブル等の短毛種や、シェパードの場合は難治性
膿皮症+毛包虫    

痒い

難治性の場合、しばしば他の疾患が併発している
色素沈着   黒色の色素が沈着する。腋下、下腹部が多い。

痒い場合が多い

慢性の炎症による
無菌性脂肪織炎    

痒みなし

手術に用いた糸によるアレルギーの場合が多い。
肢端舐性皮膚炎   様々な原因がある

 

ストレス性の場合、ステロイドが効かないのが特徴
耳寒冷凝集素症 寒冷期の血行障害による脱毛と組織の脱落

痒みなし

当院の、耳を立てなかったボクサーが全てこれになりました
ばく創  

昔は、外飼いの犬で良く見たものです

ひも等が体に巻きついた状態が長く続いたもの。いたずらでの事故も多い。
肛門周囲腺腫 右の写真は、左の症例から摘出したもの

初期は、上記の肛門周囲腺がんと区別が難しい

去勢により予防可能。去勢してない犬は、たまには、お尻にイボが出来てないか、みて下さい
肛門腺自壊 肛門腺の分泌物がサラサラではなく固いと起こる確率が高い

肛門の近くに穴があく

定期的な肛門腺絞りで予防するか、手術で肛門腺を摘出する
異物による慢性的な皮膚炎   指間部のジクジクした皮膚炎

草の実が、皮膚の中に入っていることが多い

1ヶ月以上治らない場合は、皮膚の中の異物を疑う
猫好酸球性肉芽腫    

痒い

多くが低用量のステロイドでコントロール可能
猫形質細胞性皮膚炎 足の裏のジクジクした皮膚炎

 

猫さんの飼主さん、たまには肉球も観察しましょう。
猫心因性皮膚炎

多頭飼育に多い?

ストレス性。全身を舐めたり、かき壊す。写真は、全て、新入り猫が来て、先住猫に発生したもの


ページTopへ

③ 診察は、以下の様な流れになります

● 問診・視診
(1) 問診 : 痒みの有無、発症時期、体重増減等は重要な情報
(2) 視診 : 見た目の状況、発生部位、油っぽさ等は重要な情報
 
 
(1)、(2)の後、必要に応じて以下の検査を実施。痒みの強
い場合は、(3)~(7)を飛ばして、(8)へ進むこともあります。
 
 
● 命に関わる皮膚疾患の検査(痒み無しか、弱い)
(3) ホルモン検査 等 : 甲状腺機能低下症、副腎機能亢進症等
(4) 血小板、凝固検査 : 血小板凝集、血液凝固異常を疑う場合
(5) 腹部エコー検査 : がん性の皮膚炎を疑う場合
(6) 皮膚組織学的検査 : 皮膚がんを疑う場合
(7) ジステンパー性 : ジステンパーの検査
 
 
● ヒトにもうつる皮膚疾患の検査(痒み強い)
(8) 真菌培養検査 : 水虫菌の仲間の検査
(9) ノミ、ノミ糞 確認 : ノミアレルギー性皮膚炎を疑う場合
 
 
● 動物間でうつる皮膚疾患の検査(痒み強い)
(10) 皮膚そうは検査 : 疥癬などの検査
(11) 被毛検査 : 毛包虫(アカラス)などの検査
 
 
● 犬種猫種特異的な皮膚疾患の確認
 
 
ここから先は、状況により、飼主様とお話させて頂き、検査
よりも治療を優先することがあります。
 
 
(12) 低アレルゲン食負荷検査 
(13) 細菌培養、薬物感受性検査
(14) 皮膚病理組織学的検査
(15) アレルギー検査(アレルギーのページも見て下さい)

ページTopへ

④ 皮膚病理組織学的検査のすすめ

当院では、積極的に皮膚(病理)組織学的検査を実施しています。

皮膚組織学的検査

皮膚の一部をとって、専門のセンターで検査します。局所麻酔薬を使います

ページTopへ

⑤ アレルギー検査について

アトピー性、食事性アレルギーを疑う場合には、血液を用いた
アレルギー検査が適応となりますが、当院では、十分に検査
の意味、問題点を認識して頂いた上で、実施しています。詳し
くは、アレルギー検査の項目を見て下さい。

ページTopへ

⑥ ステロイドに関する私見

ステロイドは、

  ・ 体の中の成分なので、ナチュラルな薬である
  ・ 安価である
  ・ 即効性があり、効果も高い
  ・ 多くの患者を救いノーベル賞も受賞している

上記のことから、当院では、皮膚科治療の中心の薬となっています。
しかし、ステロイドには、高濃度で長期間使用すると

  ・ 糖尿病を誘発することが稀にある
  ・ 肝臓の数値が上がる
  ・ 医原性クッシング症を誘発する事が稀にある

といった、副作用があるので、少ない量の投薬が基本になります。

健康な10kgの犬で、1錠(5mg錠)ならば、当院の経験では
  ・ 3日に1回ならば、一生安心
  ・ 2日に1回ならば、たぶん一生大丈夫
  ・ 毎日ならば、1~3年程度ならば安心

です。ちなみに命に関わる以下の疾患の場合は、

  ・ リンパ腫(血液のがん)
  ・ 大腸炎性ポリーブ
  ・ 免疫介在性溶血性
  ・ 低たんぱく血症

上記の2~4倍程度の量を、半年~1年にかけて毎日、 或いは、一生、
2~3日に1回程度投薬するプログラムもあるぐらいです。また、命に関
わる免疫疾患の場合は、10倍量を2週間程度投薬する事もあります。
必要以上にステロイドを怖がってはいけません。

近年、スプレー式タイプのステロイドが開発され、これを使用するこ
とで、飲み薬タイプの薬を、減薬することも可能になりました。

ページTopへ

⑦ アポキルに関する考え方(2017年4月現在)

当院も、新薬・アポキルを常備はしていますが、飼主様には、以下の
新薬・アポキルに対する当院の考え方をお話させて頂いたうえで、処
方しています。

近年、犬アレルギー性皮膚炎の痒みをターゲットに、JAK阻害剤・
アポキルが国内で販売されました。痒みを抑制する効果は、優れ
ているようです。今のところ重篤な副作用の報告はありません。し
かし、同じタイプの薬が人ではリュウマチ治療薬で使用され、2000
人に対する使用で8人が死亡した事実、加えて、リュウマチ学会が
使用に際しては厳格にする旨の通知を出している事は、獣医の世
界ではほとんど知られていません。

副作用の予想が可能なステロイドと、重篤な副作用が予想できない
アポキル・・・・・・2017年現在は、そのような状況です。

ページTopへ