■ 心臓病検査


● 当院では心臓病の治療に力を入れています。
(掲載に同意頂いた飼主様、感謝致します)

① 聴診

② レントゲン検査

③ 心臓エコー検査

④ 心臓バイオマーカーの測定

【失神のある症例、ボクサー犬など】

⑤ 院内心電図検査

⑥ 24時間ホルター心電図検査

【特に猫】

⑦ 甲状腺機能検査

⑧ 腎臓病検査

⑨ 血圧検査

⑩ 遺伝子検査

【専門機関の紹介】

⑪ 認定医への紹介


① 聴診(心雑音の聴取、心拍数の測定)

● 収縮期、拡張期、連続性、ブランコ雑音を検査。
● 心雑音は、強度によってⅠ度~Ⅵ度に分類される。
● 心拍数の測定、簡易的に不整脈の有無を検査。

ページTopへ

② レントゲン検査

(1) 心拡大の検査

VHSVertebral Heart Size、胸骨心臓サイズ)の測定


心臓の長軸と短軸の長さを合計(VHS)。

VHSが、第4腰椎から腰椎何個分に相当す
るかを評価。 一般的には、犬は10.5以下、
猫は8以下が正常。胸の短い犬種(Mシュナ
ウザー等)は11以下、胸の長い犬種(Mダッ
クス等)は9.5以下が正常。


(2) 胸(胸水、肺水腫)、お腹(腹水)の水の検査


肺野の検査

心臓病では、胸に水が黙ることがある。 矢印
は肺水腫。上記レントゲンと比し、白くな って
いるのがわかります(水は白くうつります)。


腹部の検査

心臓病では、お腹に水が黙ることがある。 矢印は腹水。上記レントゲンと比し、白くな っているのがわかります。


(3) 血管の検査


心臓に分布する血管の評価

心臓病では、心臓に分布する血管に異常が
でることがある。 矢印で挟んだ部分は、拡張
した後大静脈


(4) 肝臓の血管


肝臓の血管の評価

右心系のうっ滞を伴う心臓病では、肝臓の血
管が拡張する。心臓の機能低下に加え、肝不全になることもある。 矢印の部分は、拡張 した肝臓の血管


ページTopへ

③ 心臓エコー検査(心エコー検査)

心エコー検査では、心臓の各部位のサイズや、血管の血流、
心臓の収縮能や拡張能、心雑音の部位や速度等が、リアル
タイムで測定できます。

(1) 心奇形(先天性疾患)の確認

三心房心(正常では心房は2つ)

(2) 心臓のサイズ(筋肉の厚さ、内腔の大きさ等)
● 測定項目 : LVDd LVDs IVSd LVPWd等
● 計測項目 : FS、EF 等

(3) 各種部位のサイズの比較
● 測定項目 : LA、AO、PA
● 計測項目 : LA/AO、AO/PA

(4) 各種血管の血流速度
● 測定項目 : 肺動脈、大動脈血流 ボクサー犬必須
● 計測項目 : 速度、PEP、ET、PEP/ET 等

(5) 逆流、狭窄等の評価
僧帽弁逆流(犬)


僧帽弁逸脱・肥厚(犬)

三尖弁逆流(犬)


動脈菅開存症(犬)


肺動脈弁逆流(犬)


大動脈狭窄(犬)


大動脈弁逆流(犬)


心室中隔欠損(猫)提供:吉岡どうぶつ病院


心室中隔欠損(犬):2.1 mmの穴(右図)


横隔膜ヘルニア(犬)赤:心臓 黄:肝臓 青:胆嚢


心のう水:(赤矢印) 


心のう水:(赤矢印) 水に浮く右心耳(緑矢印)

 

ショック状態により循環血液量が低下し、
左室内腔が矮小化、SAM(赤矢印)と僧
帽弁逆流 が認められる

ショック状態



仮性腱索(犬)

SAM(猫)

(6) 逆流・狭窄速度
● 計測項目 : 向き、速度、dp/dt、PHT

(7) 拡張能の評価
● 計測項目 : E波 A波 E/A E/Em

(8) 左室収縮能の評価(simpson法)


獣医領域での重要性は低いかもしれない。

● 計測項目 : LVVd LVVs EF

(9) 右室収縮能の評価(FAC)

● 計測項目 : RVFAC

(10) MR・PISA

ヒトでは、
vena contracta(vc)が3~7mmで、central jetは左図のPISA法を、eccentric jetは僧帽弁輪径を計測してvolumetric法を用い、MRの重症度を評価するが、犬の場合、vcや僧帽弁輪径の測定は非常に困難である。

● 計測項目 : RV(逆流量)

(11) その他の心機能評価項目
● TEI index : (3)と(6)から測定
● Qp/Qs : (3)から測定

(12) 心機能基準値
犬は、超小型犬から大型犬まで数十倍の体重差が
あり、パラメーターによっては基準値が大きく異なる。
● 犬の基準値
LVDd 1.44×BWの0.32乗
LVDs 0.69×BWの0.41乗
IVSd 0.36×BWの0.29乗
LVFWd 0.40×BWの0.22乗
LV FS 30~40、大型犬では15程度も正常
LA/AO < 1.5~1.6
大動脈 ドイツのボクサークラブでは測定必須
flow velocity 0.8~2 m/s
PEP 69±8 54±7
ET 256±13 159±7
PEP/ET 0.24±0.09 0.34±0.05
肺動脈 ドイツのボクサークラブでは測定必須
flow velocity 0.7~1.3 m/s
AcT/ET >0.3
Qp/Qst 0.8~1.2
左室流入波形  
E波 0.8~1.0 m/s 1.2以上で肺水種の危険
A波 0.4~0.6 m/s
E/A >1
E-DcT 60±14 ms
E/Em <8 15以上で左房圧上昇
LT-TEI Index 0.38±0.10
右室流入波形  
E波 0.57±0.12 m/s 
A波 0.41±0.14 m/s
E/A >1
E/Em  
RV-TEI Index  
僧帽弁逆流  
velocity >5 m/sで左房圧正常
dp/dt >1200 mmHg/s <800で重度の機能低下
三尖弁逆流  
velocity <3 m/sで右房圧正常

● 猫の基準値
LVDd 10~20 mm
LVDs 4~12 mm
IVSd < 6 mm
LVFWd < 6 mm
AO 0.95±0.11
LA/AO < 1.6
LV FS 30~60
大動脈血流速 1.1±0.2 m/s
肺動脈血流速 0.8±0.2 m/s
左室流入 E波 0.7±0.1 m/s
左室流入 A波 0.5±0.1 m/s
肥大型心筋症 IVSd、LVPWdが6 mm以上
拡張型心筋症 FSが28~30以下でLVDsが12~14 mm以上
  肥大型は、末期に拡張型に移行する事がある

ページTopへ

④ 心臓バイオマーカーの測定

他検査に併用します。外注検査で結果が出るまで数日かかります。
腎不全が有る場合は、測定しても意味が無い。

● ANP (MRなどの容量負荷疾患、犬のみ)
 BNP (AS、PSなどの圧負荷疾患、犬・猫)
● トロポニンI (HCM等の細胞懐死の疾患、犬・猫)

ページTopへ

⑤ 院内心電図検査

失神を伴う症例で実施。院内で10分程度の検査、症状が
頻発していない場合は、下記の24時間ホルター心電図検
査を実施します。

ページTopへ

⑥ 24時間ホルター心電図検査

失神を伴う症例や、ボクサー心筋症の検査に用る。24時間
機器を体に装着し、洋服を着る。可能であれば、3日間程度
計測。装着する機器は、携帯程度の大きさです。

ページTopへ

⑦~⑨

特にネコでは、甲状腺機能亢進症、腎臓病、高血圧症
によって、心臓に負荷がかかり、心肥大を呈することが
があります。心肥大が、心筋症によるものなのか、上記
疾患による二次的なものかを検査する。

● 猫 : SBP160mmHg以上は高血圧(180以上は治療)

● 犬 : SBP(100-160)、DBP(60-100)、MBP(80-120)

ページTopへ

⑩ 遺伝子検査

メインクーンやラグドールなどでは、肥大型心筋症の遺伝
検査が可能(外注)。しかし、検査陽性でも、実際には発症
が無い個体や、検査が陰性であっても発症がある個体が
報告されており、確定診断とはならない(2017年現在)。

ページTopへ

⑪ 認定医への紹介

● 更に詳しい検査を希望される場合  : 東京心臓病センター
千葉県下で上記センターのスペシャリストの診察が受けられます。
興味のある方は、お問合わせ下さい(認定医と専門医の違い)。

● 心臓の手術が必要、希望される場合  : 高度医療センター
   : 東京農工大学動物医療センター
   : どうぶつ循環器病センター

ページTopへ