■ 心臓病検査


● 当院では心臓病の治療に力を入れています。

① 聴診

② 胸部レントゲン検査

③ 心臓エコー検査

④ 心臓バイオマーカーの測定

【失神のある症例、ボクサー犬など】

⑤ 院内心電図検査

⑥ 24時間ホルター心電図検査

【特に猫】

⑦ 甲状腺機能検査

⑧ 腎臓病検査

⑨ 血圧検査

⑩ 遺伝子検査

【専門機関の紹介】

⑪ 専門医への紹介


① 聴診(心雑音の聴取、心拍数の測定)

● 収縮期、拡張期、連続性、ブランコ雑音を検査。
● 心雑音は、強度によってⅠ度~Ⅵ度に分類される。
● 心拍数の測定、簡易的に不整脈の有無を検査。

ページTopへ

② 胸部レントゲン検査

(1) 心拡大の検査

VHSVertebral Heart Size、胸骨心臓サイズ)の測定
心臓の長軸と短軸の長さを合計(VHS)。VHSが、
第4腰椎から腰椎何個分に相当するかを評価。VHS
が10.5以下が正常。胸の短い犬種(Mシュナウザー等)
は9.5以下、胸の長い犬種(Mダックス等)は9.5以下が
正常。猫は8以下が正常。


(2) 胸の検査(胸水、肺水腫を検査)

心拡大、心雑音があり、肺野が白いと肺水種を疑う。

ページTopへ

③ 心臓エコー検査(心エコー検査)

心エコー検査では、心臓の各部位のサイズや、血管の血流、
心臓の収縮能や拡張能、心雑音の部位や速度等が、リアル
タイムで測定できます。

(1) 心臓のサイズ(筋肉の厚さ、内腔の大きさ等)
● 測定項目 : LVDd LVDs IVSd LVPWd等
● 計測項目 : FS、EF 等

(2) 各種部位のサイズの比較
● 測定項目 : LA、AO、PA
● 計測項目 : LA/AO、AO/PA

(3) 各種血管の血流速度
● 測定項目 : 肺動脈、大動脈血流 ボクサー犬必須
● 計測項目 : 速度、PEP、ET、PEP/ET 等

(4) 逆流、狭窄の評価
僧帽弁逆流(犬)

三尖弁逆流(犬)


動脈菅開存症(犬)

 
肺動脈弁逆流(犬)


大動脈狭窄(犬)


大動脈弁逆流(犬)

 
心室中隔欠損(猫)提供:吉岡どうぶつ病院


心室中隔欠損(犬)

(5) 逆流・狭窄速度
● 計測項目 : 向き、速度、dp/dt、PHT

(6) 拡張能の評価
● 計測項目 : E波 A波 E/A E/Em

(7) 左室収縮能の評価(simpson法)
● 計測項目 : LVVd LVVs EF

(8) 右室収縮能の評価(FAC)

● 計測項目 : RVFAC

(9) MR・PISA

ヒトでは、
vena contracta(vc)が3~7mmで、central jetは左図のPISA法を、eccentric jetは僧帽弁輪径を計測してvolumetric法を用い、MRの重症度を評価するが、犬の場合、vcや僧帽弁輪径の測定は非常に困難である。

● 計測項目 : RV(逆流量)

(10) 猫のSAM(systoric anterior motion)の評価
● 僧帽弁前尖が心室中隔に移動する所見

(11) その他の評価項目
● TEI index : (3)と(6)から測定
● Qp/Qs : (3)から測定

(12) 基準値
犬は、超小型犬から大型犬まで数十倍の体重差が
あり、パラメーターによっては基準値が大きく異なる。
● 犬の基準値
LVDd 1.44×BWの0.32乗
LVDs 0.69×BWの0.41乗
IVSd 0.36×BWの0.29乗
LVFWd 0.40×BWの0.22乗
LV FS 30~40、大型犬では15程度も正常
LA/AO < 1.5~1.6
大動脈 ドイツのボクサークラブでは測定必須
flow velocity 0.8~2 m/s
PEP 69±8 54±7
ET 256±13 159±7
PEP/ET 0.24±0.09 0.34±0.05
肺動脈 ドイツのボクサークラブでは測定必須
flow velocity 0.7~1.3 m/s
AcT/ET >0.3
Qp/Qst 0.8~1.2
左室流入波形  
E波 0.8~1.0 m/s 1.2以上で肺水種の危険
A波 0.4~0.6 m/s
E/A >1
E-DcT 60±14 ms
E/Em <8 15以上で左房圧上昇
LT-TEI Index 0.38±0.10
右室流入波形  
E波 0.57±0.12 m/s 
A波 0.41±0.14 m/s
E/A >1
E/Em  
RV-TEI Index  
僧帽弁逆流  
velocity >5 m/sで左房圧正常
dp/dt >1200 mmHg/s <800で重度の機能低下
三尖弁逆流  
velocity <3 m/sで右房圧正常

● 猫の基準値
LVDd 10~20 mm
LVDs 4~12 mm
IVSd < 6 mm
LVFWd < 6 mm
AO 0.95±0.11
LA/AO < 1.6
LV FS 30~60
大動脈血流速 1.1±0.2 m/s
肺動脈血流速 0.8±0.2 m/s
左室流入 E波 0.7±0.1 m/s
左室流入 A波 0.5±0.1 m/s
肥大型心筋症 IVSd、LVPWdが6 mm以上
拡張型心筋症 FSが28~30以下でLVDsが12~14 mm以上
  肥大型は、末期に拡張型に移行する事がある

ページTopへ

④ 心臓バイオマーカーの測定

他検査に併用します。外注検査で結果が出るまで数日かかります。

● ANP (MRなどの容量負荷疾患、犬のみ)
 BNP (AS、PSなどの圧負荷疾患、犬・猫)
● トロポニンI (HCM等の細胞懐死の疾患、犬・猫)

ページTopへ

⑤ 院内心電図検査

失神を伴う症例で実施。院内で10分程度の検査、症状が
頻発していない場合は、下記の24時間ホルター心電図検
査を実施します。

ページTopへ

⑥ 24時間ホルター心電図検査

失神を伴う症例や、ボクサー心筋症の検査に用る。24時間
機器を体に装着し、洋服を着る。可能であれば、3日間程度
計測。装着する機器は、携帯程度の大きさです。

ページTopへ

⑦~⑨

特にネコでは、甲状腺機能亢進症、腎臓病、高血圧症
によって、心臓に負荷がかかり、心肥大を呈することが
があります。心肥大が、心筋症によるものなのか、上記
疾患による二次的なものかを検査する。

● 猫 : SBP160mmHg以上は高血圧(180以上は治療)

● 犬 : SBP100-160)、DBP(60-100)、MBP(80-120)

ページTopへ

⑩ 遺伝子検査

メインクーンやラグドールなどでは、肥大型心筋症の遺伝
検査が可能(外注)。しかし、検査陽性でも、実際には発症
が無い個体や、検査が陰性であっても発症がある個体が
報告されており、確定診断とはならない(2017年現在)。

ページTopへ

⑪ 専門医への紹介

● 更に詳しい検査を希望される場合  : 東京心臓病センター

● 心臓の手術が必要、希望される場合  : 高度医療センター
   : どうぶつ循環器病センター

ページTopへ