■ 低侵襲の去勢・避妊手術


当院では低侵襲去勢避妊手術を実施。


低侵襲とは、動物の体にできる限り負担をかけないことです。手術においては、できる限り小さい術創(傷)で行うことを、低侵襲手術といいます。当院では、猫の避妊手術では術創を1cm程度の低侵襲手術を実施しています。また糸を使用しない血管縫合システム、レーザーメスを使用することにより、犬・猫・ウサギの去勢避妊手術一般で、短時間で、痛みの少ない低侵襲手術を実施しています。ネコのサイトもご覧下さい

犬、猫、ウサギ、ハムスター(ゴールデン)の手術が可能です。

短頭種(パグ、Fブル、シーズー 等)は手術ができないというデマがあるようですが、手術のリスクは、短頭種も他の犬種も同じです。

 

レーザーメスを使用し、痛み低減と手術時間の短縮



 
糸を使用しない血管縫合システム を使って、M・ダックス等で問題になっている

手術糸誘発性の腫瘍の予防を心がけています。




① 避妊手術 (卵巣子宮全摘出術)

乳腺腫瘍、乳腺腫瘍の悪性化、子宮蓄膿症、マーキング、卵巣腫瘍、誤交配を予防する手術

 避妊手術の術創

可能な限り術創の小さい手術を行っています。 ネコでは約1cmの術創で、基本的に、抜糸もありません。
  


 手術で、乳腺腫瘍、子宮蓄膿症 等を予防

 

 わんチャンの場合、避妊手術をしないと将来の
 乳腺腫瘍のリスクは200倍になります

 乳腺腫瘍の発生リスクは、発情出血を繰り返す
 ごとに、増えて行きます。

 乳腺腫瘍は、犬、猫、ウサギ 等で発生します。

様々な動物で

乳腺腫瘍を

予防します

ウサギ

様々な動物で

子宮蓄膿症を

予防します

正常の子宮(犬 8kg)

子宮蓄膿症(犬 10kg)

初期は、レントゲンでは判断できません。

エコー検査が、とても重要になります。

上記の犬の正常子宮と

比較し、腫れによる

大きさの変化が

見て取れます

ウサギ

ハムスター

 

② 去勢手術 (精巣摘出術)

前立腺肥大、肛門周囲腺腫、肛門周囲腺腫の悪性化、マーキング、精巣腫瘍を予防する手術

 去勢手術の術創

可能な限り術創を小さくする手術を行っています。 4 kgの犬で約 0.5cm の術創となります。
  


 手術で、肛門周囲腺腫、前立腺腫瘍、精巣腫瘍を予防。

肛門周囲腺がん

半年放置し中央の

写真の様になりました

肛門周囲腺腫

早期の手術で

上記のようなガン化

を防ぎましょう!

前立腺肥大

(エコーで検査)

動画で確認できます

前立腺肥大で

排便・排尿障害

になります

去勢手術で

90%の症例は

完治します

精巣腫瘍

(左右の大きさの違い)

ウサギ

特に犬の精巣腫瘍は

動物種の中で最も高く

全ての犬の10%で

発症する

 

③ 陰こう手術(腹腔内、ソ径部の停留精巣の摘出手術)




   左 : お腹の中から摘出した精巣 

   右 : 正常の精巣

 

 

   腫瘍化したお腹の中の精巣

   腹腔内に放置した精巣は腫瘍化します

   写真左が腫瘍化した、右が正常サイズ