■ 当院の薬の選び方



 

人間の製薬会の研究所から臨床獣医師に転身した私の眼に、衝撃的な獣医の世界が飛び込んできました。それ以来、以下の点を肝に銘じて、日々、治療法をチョイスしています。



 

● 怪しいサプリは処方しません

 

わが業界は、大学の先生でさえ、効果の確認されていないサプリを処方して儲けている実態があります。とても驚くべきことです。例えば、少なくとも2017年時点では、人では、変形性関節炎にはグルコサミンは効きませんしコンドロイチン(飲薬タイプ)は少し効果があるか、或いは全くないか、議論があるところです。しかし、獣医は、どういうわけだか、非常に効果的だと喧伝して、販売している実態があります。処方薬ではなく、効果が確認されていないサプリで儲けるなんて、科学者として恥ですね。もっとも、人の場合は、有名なプラセボ効果(イワシの頭も信心)があるので、心から信じれば効果が出る場合が有ります。しかし動物は・・・・・。(ヒトの)日本整形外科学会も変形性膝関節症に対するコンドロイチン、グルコサミンはエビデンスなしです(2016年版、P 5 -16 -17参照)。獣医領域で。この疾患に対するガイドラインができる見込みはないです。

 
・ このサイトも注目です。
http://www.sciencecomlabo.jp/index.html

・ 癌代替療法はこちら(国立がん研究センター)
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/alternative_medicine.html



 

● オカルト(非科学)療法が蔓延してます

 

この世界に入ってまず驚いたのは、CTを持っているような地域をリードするような大病院でさえ、非科学の世界に浸っている事でした。日本国で最も科学的権威のある団体・日本学術会議が散々非科学だと名指しして批判している療法を実施している病院があまりに多すぎます。どうしてあの先生が・・・と思うことも、しばしばです。自分自身、常に科学を意識して治療法を選択していきます。獣医師会のステートメントも併せてみてください。




 

● ヒトでは考えられない薬が蔓延してます

 

1回飲むと1ヶ月効果が持続する薬の登場には驚きました。一部、人でも、薬を飲み忘れることが多い、統合失調症の患者につかう長期作用型の薬剤は存在しますが、それは、レアなケースです。1ヶ月効果が持続するということは、化学物質を1ヶ月体に残留させるという事です。もし、アレルギー反応がでたらどうするのでしょうか?1ヶ月間、苦しむので他の薬との飲み合わせは、どうなるのでしょうか?こういった薬剤は、安易に取り入れず、慎重な採用を実施しています。なお、ノミ・ダニ駆除薬で非常に有名なフロントラインは、皮膚に塗布しても体には入りませんので、安全です。




 

● 動物薬は、人体薬の墓場ですか?

 

例えば、心臓の薬であるACE阻害薬は、人では副作用(咳)が多くでて、あまり使用されなくなりました。強心剤のピモベンダンも、慢性期の効果が無いので、人では、治療ガイドラの世界に、押し寄せてきました。それも、【新薬】という触れ込みで・・・・。まるで動物薬の業界は、人体薬の墓場かと、当時、思ったものです。幸い、ACE阻害剤は、動物では咳などの副作用はなく良い薬となりました。常に、先進的な人の治療法を参考に、薬剤を選択していきます。




 

● 効果と有るのと、寿命が延びるのは違う

 

人では、以前、不整脈の薬を飲ませ続けた場合、逆に死亡率が上がったという有名な研究がありました(Cast study)。つまり、一時的に効果があっても、長期的な寿命に対する影響(生存率)は、全く次元が違うという事です。新薬が出た際は、自分なら、あるいは自分の子供に飲ませられるか・・・という基準で、いつも処方を心がけています。




 

● 高度?医療の落とし穴

 

人の医療は、治療法に効果が有れば、基本的に国が認めて、人の医療は、治療法に効果が有れば、基本的に国が認めて、保険が適応されます。要するに、国が効果があると認めた治療のみを、保険で行っているわけです。逆に言えば、保険が適応されていない治療法は、効果がほぼ無いということです。これに対し、獣医療は、自由診療で、治療法に国が責任を負うわけではないので、上述した様に、怪しい治療法がまん延しています。最近、特に、一見、高度医療の様な触れ込みで行われている無効な治療法が目につきます。例えば、ある種のがん免疫療法です。一般の方は、免疫細胞を増やせば、がんに効くと誤解されていますが、多くのがん細胞は、免疫細胞を抑制する物質を出しているので、免疫細胞を増やしたてもあまり意味が無いと言われています。活性化リンパ球療費で一時期有名になったオプジーボです(1回、数百万円)。動物病院でがん免疫療法を受ける場合は、その治療法が、人で保険適応になっている治療法か確認して、納得のうえ行って下さい。ちなみに、ヒトのがん免疫療法の歴史は古く、

・1970年代 : 丸山ワクチン(免疫賦活)
・1980年代 : サイトカイン療法
・1980年代 : 活性化リンパ球療法
・1990年代 : NK細胞療法
・2000年代 : 樹状細胞療法
・2010年代 : 免疫チェックポイント阻害剤

上記の赤文字が、人で保険適用されている療法です。歴史的に言うと、免疫賦活療法から、免疫活性化療法へ移り、現在は、免疫抑制物質を抑制するという免疫チェックポイント阻害療法になっています。




 

● 信頼の高い医療情報をwatchしています

 

ウィキペディアの医療情報の80%が間違っているのではないかと言われているように、ネットではひどい情報がまん延してかと言われているように、ネットではひどい情報がまん延しており困っています。ヒトの医療では、そのような現状に危機感を感じた有能な方々が、臨床医を辞めてまで、状況を改善しようと、正確な医療情報を発信する会社を企業されたりするケースもあるようです。

・Medray 医療辞典 https://medley.life/pages/concept/

製薬会社を辞めた時、あまりの獣医業界のひどさに、このような会社を起業してみたい夢もありましたが、残念ながら能力もなく、無理でした。

・大学発のサイト http://www.sciencecomlabo.jp/index.html

 




 

● 信頼度の高い治療情報とは何か

 

治療情報の信頼度は、以下の順になります(①が一番高い)。

① 学会の治療ガイドライン
② 大規模試験(二重盲検)
③ 高級学会誌の論文 (日本獣医学雑誌)
④ 普通の学会誌論文 (日本獣医師会雑誌)
⑤ 商業雑誌の論文
⑥ 学会発表のデータ

獣医領域では、大規模な臨床試験もなく、また原因不明の死亡の場合も、死後解剖は一般的ではないので、なかなかデータが蓄積しない現状はありますが、以上の順位でデータを考慮する必要があります。⑥の学会発表ですが、一般の方は、学会発表というと、信頼度が高いと思われるかもしれませんが、誰にでもできますし、データの審査は無いので、ケースによっては、信頼度は非常に低く、通常最低ランクになります。まともな獣医師であれば、学会発表の後、そのデータを論文にして、客観的信頼度を上げて、獣医療全体を進歩させる努力をします。ヒトの医療と違い、獣医療は全科診療になるので、専門分野以以外は、民間の出版社が出版する商業誌から情報を得て、治療に反映させている現状があります。時折、④以下を自身の業治績として、多数HPに記載しているのを散見しますが、全くもって恥ずかし事ですね。①に関しては、獣医領域では殆どありません。まれに海外の獣医系学会でガイドラインを出しているケースがあります(動物アレルギー性疾患国際委員会が出した、犬アトピー性皮膚炎治療ガイドライン)。同じ疾患であれば、ヒトの学会ガイドラインを参考にすべきです。特に癌免疫療法に関しては、ひどい治療を公然と推奨している獣医系学会があるので十分注意が必要です(ヒトなら、国の指導が入りますよ)。悲し限りです。医学領域では、①と②の間に、メタ分析、システマティックレビューなどがありますが、獣医領域では前記したように大規模試験もないので、通常は②もなく③から①になる場合もあります。