■ 医療設備


当院の様な小さな病院に、よくもこんなに機械が入りました。病院の進歩には、獣医師の不断の努力と、最新の医療機器の導入が、有機的に結合する事が必須です。ある先生は、当院の中を見て、潜水艦みたいだ!とおっしゃいましたが、確かに……。 某大手医療器メーカーの調査では、動物病院の2割程度しか設備投資を実施していないとの報告があります。全科診療の動物病院では、医療機器の多さは、病院機動力の重要な要素です。

当院設備の概略(種類の多さと、重要なものは複数器保持しているのが特徴

   ・ 当院は、手術、検査、入院治療に必要な医療機器を設置している施設です。

   ・ 毎年、収入の多くを医療設備に投資し、獣医療の向上に努めています。

   ・ ウサギ、フェレットの外来数も多いので、小動物専用の機器も充実させています。

   ・ 
血液検査機器は、3台体制で診察(小動物専用もあり)。

   ・ 解析心電計は、2台体制で診察(小動物専用もあり、500心拍まで解析可能)。

   ・ ホルター心電計は、3台体制で診察。

   ・ 点滴機器は、10台体制で診察。

   ・ 手術関連機器(心電図モニター、血圧計)は、急な故障に備え2台体制

   ・ 急な停電に備えて、麻酔機、人工呼吸器は無電源のものを使用。

   ・ 麻酔器は、小動物用と、中型以上の動物用の2つの回路を使い分けています。

   ・ 放射線測定器は当院患者様には貸出OK。

   ・ AED(ヒト用)を設置しています。 動物は除細動器(カウンターショック)で対応。


 ● 診察・入院


診察室


入院室①


入院室②



病院別棟・病院3階

 

 

隔離室

 ● 検査機器


デジタル超音波診断装置①
(エコー)


デジタル超音波診断装置 ②
(ウサギ、フェレット用)

心臓用プローブ

小中型犬・猫用ブローブ


大型犬用プローブ

ウサギ・フェレットハムスター用

デジタル内視鏡

レントゲン


デジタルレントゲン

血液生化学①

血液生化学②
(ウサギ、フェレット用)


血液生化学③
胆汁酸・T4



血液凝固測定器

コルチゾール・T4

電解質測定器

血液検査管理システム


尿分析機(UPC対応)

尿比重計

蛋白比重計

簡易血糖測定器


出血時間測定器





解析心電計①

解析心電計②
(500心拍可能、ウサギ用)

ホルター心電計

ホルター心電図解析システム


血圧計

顕微鏡システム


 ● 眼科


検眼鏡

検眼教

眼圧計

眼底カメラ


直像鏡

イルミネーター

18HZ高精細プローブ

検眼レンズ



眼科手術用顕微鏡


高血圧性眼科疾患を検査



 ● 耳鼻科


耳鏡

耳鏡


 ● 歯科


超音波スケーラー(歯石)

ポリッシャー

歯科用マイクロエンジン

ハンドピース


歯根膜はく離チップ


 

 

 ● 歯科


手術モニター

入院室モニター

カウンターショック

Co2レーザーメス


シーリングシステム

外科用顕微鏡

レーザー治療器


酸素室(Co2貯留のない最新型)



点滴器

微量点滴器

小動物・子猫犬用微量点滴器

マイクロチップリーダー


入院室録画システム

滅菌器

遠心機


腹腔洗浄


麻酔/人工呼吸器
(2つの回路を常設)

小動物体重計測機

酸素発生器

  酸素濃度測定器


 ● 小動物薬剤調合・研究用器具

薬剤分注器

小型遠心機

メノウ乳鉢

通常乳鉢


極少量分注器具

溶液カクハン器


純水チェッカー




薬剤混和器




極少量分注器具

各種tube類

 


 


 ● その他

AED


放射線測定器