■ 慢性腎臓病


 

犬・猫の高齢期の疾患で最も多い慢性腎臓病の検査、治療法

 

腎臓は、成長期を超えたあたりから健康な子でも徐々に壊れていきます。残存する腎臓が30%以下になることを慢性腎臓病と言います。早期の対処で、寿命が2倍近く延びる事が知られています。

 

① 慢性腎臓病の症状

 

② 検査の手順

 

③ 慢性腎臓病のステージ分類

 

④ 一般的な治療法

 

⑤ 特殊な治療法

 

⑥ 点滴治療に関する事(④の(3))

 

⑦ 点滴治療に関する論文

 

⑧ 併用薬の危険


  ① 慢性腎臓病の症状
 

・ 水を飲む量が増えた
・ 痩せてきた
・ 嘔吐の回数が増えた
・ 口臭が激しくなるった
・ 眼が見えない(物にぶつかる)



 

② 検査の手順

 

・ 尿検査 (UPC等) 非常に安価
   ↓

 

・ 血液検査 (BUN、Cre、SDMA)
   ↓

 

・ 血液検査 (Ca、IP、K 等)
   ↓

 

・ 血圧測定 (高血圧、眼底の確認)
   ↓

 

・ 腹部エコー検査 (腫瘍性疾患の評価)
   ↓

 

・ ステージ分類
   ↓

 

・ 治療の組み立て



 

③ 慢性腎臓病のステージ

 

(1) Cre、BUNによる分類

 

数値は、機械によって異なる事があるので注意

 

● 犬のステージ

 
  Cre BUN 残存腎臓 (%)
ステージ 1 < 1.4 正常 100~33
ステージ 2 1.4~2.0 軽度上昇 33~25
ステージ 3 2.1~5.0 中等度上昇 25~10
ステージ 4 > 5.0 重度上昇 < 10

 

 

● 猫のステージ

 
  Cre BUN 残存腎臓 (%)
ステージ 1 < 1.6 正常 100~33
ステージ 2 1.6~2.8 軽度上昇 33~25
ステージ 3 2.9~5.0 中等度上昇 25~10
ステージ 4 > 5.0 重度上昇 < 10

 


 

(2) UPC、血圧によるサブステージ

 

● 犬のサブステージ

 
  UPC   収縮期血圧
正常 < 0.2 リスク最少 < 150
境界型 0.2~0.5 リスク少 150~159
タンパク尿 > 0.5 リスク中 160~179
    リスク高 ≧ 180

 

 

● 猫のサブステージ

 
  UPC   収縮期血圧
正常 < 0.2 リスク最少 < 150
境界型 0.2~0.4 リスク少 150~159
タンパク尿 > 0.4 リスク中 160~179
    リスク高 ≧ 180

 



 

④ 一般的な治療法

 

様々な治療方法がありますが、治療費等の観点から、飼主としっかりと話し合って、治療をスタートさせる必要があります。

 

(1) 食事療法(処方食) : 全ステージ
  ・ ドライフード
  ・ 缶詰・パウチ
  ・ 流動食(食欲廃絶時)
  ・ 処方食を食べない時は(6)で対応

 

(2) 薬(特に猫)
  ・ ラプロス (全ステージ)
  ・ セミントラ (ステージ2まで)

 

(3) 点滴 (輸液): ステージ3以上 (後述)
  ・ 入院点滴(治療開始時、重度の脱水)
  ・ 通院での皮下輸液
  ・ 自宅での皮下輸液

 

(4) 高血圧治療 : 収縮期圧180mmHg以上
  ・ アムロジピン
  ・ 20%が高血圧を発症しています  

 

(5) 貧血治療 : Ht 30%(犬) 20%(猫)以下
  ・ Epo注射 (数日連続後、週1回)

 

(6) リンの是正 : ステージによる目標値
  ・ 様々な種類のリン吸着剤がある

 
  目標リン値
ステージ 2 3.5~4.5
ステージ 3 3.5~5.0
ステージ 4 3.5~6.0

 

 

(7) カルシウム補正: ステージ3以上で注視
  ・ ビタミンD製剤

 

(8) 視覚(眼)の保護
  ・ 腎障害による高血圧性の視覚喪失予防
  ・ 下写真は網膜剥離(ガルウイング)
   




 

⑤ 特殊な治療法

 

(1) 食道チューブの設置
ステージが高い症例で、食欲にムラが有る場合、食道チューブを設置し、そこから腎臓病食用の流動食を与え栄養の補給と脱水の補正(点滴の代わり)を同時に行う方法。麻酔下でのチューブ設置となるため、十分なインフォームドコンセントが重要になる。写真は、チューブを設置した、当院の猫です。食道にチューブを入れて、背中の皮膚から出します。普段は洋服や包帯を巻いて、チューブの入口を保護します。

 

(2) 腹膜透析
ヒトでも一部行われている治療法。麻酔下にて、器具を腹腔内に設置する。器具を介して、透析液をお腹から出し入れする。設置の手技自体は難しいものではないが、実際の透析は一日数回になり、飼主の負担も大きいことから、未だ慢性腎臓病のスタンダードな治療法とは言いがたい。

 

(3) 人工(血液)透析
ヒトの腎障害と同じ治療法。高度の医療機器を用いて行う。国内では、大学病院レベルの治療法。透析時、死亡することが有り、また非常に高額医療になるため、十分に説明を受けてから実施すること。




 

⑥ 点滴治療に関する事(④の(3))

 

(1) 点滴治療の種類
点滴(輸液)治療は、脱水を補正する目的で行うものです。治療は以下の3つの方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。一般的に、脱水がひどい場合や治療初期には(A)、その後継続 治療の場合(B)、頻回治療の場合(C)になります。ただし、頻回治療の場合でも、当院では(B)をお選び頂くケースが多いです。殆どの場合、最後の1~2週間を除き、1~2回/週の輔液で維持できます。

 

 (A) 入院しての点滴
  ● メリット
   ・ 最も効果的な点滴
   ・ 成分を調整して点滴可能
   ・ ビタミン剤等の薬剤も投与可能
   ・ 高度の脱水の場合は必須
  ● デメリット
   ・ 治療費が高くなる
   ・ 入院中、死亡することがある

 

 (B) 通院での皮下輸液
  ● メリット
   ・ (A)に次いで効果的な方法
   ・ ビタミン剤等の薬剤も投与可能
   ・ 10分程度で処置が可能
   ・ 下記(C)と比較し状態を考慮可能
  ● デメリット
   ・ 週2回以上の通院では高額になる
   ・ 頻回通院のストレス

 

 (C) 自宅での皮下輸液
  ● メリット
   ・ 価格が安い
   ・ 通院のストレスが無い
  ● デメリット
   ・ 安易な頻回輸液による疾患助長
   ・ 通院減少によるコンプライアンス低下
   ・ 飼い主と動物の関係性が壊れる
    (痛いことをするので嫌われる)

 

(2) 点滴(輸液)の開始時期
点滴は、脱水を補正する(水和状態や酸塩基平衡を保つ)目的で行うものです。軽度の腎障害やBUNが高くない場合は、多くは必要あり ません。意味の無い点滴は高血圧や心疾患を助長するデメリットが多くなり、非常に危険です。なお重度の脱水や電解質異常が有る場合は、皮下輸液では十分な花効果は得られません。入院での点滴が必須になります。一般的に、症状が出ている場合に、一時的な入院点滴を実施し、下記の皮下輸液に切り替えるケースが多いです。

 

(3) 皮下輸液の間隔
皮下輸液の間隔は、週1回で長期間維持できる症例も多いですが、 徐々に、週2回、頻回になっていきます。ただし、頻回の 場合は、必ず10日に1回程度の血液検査、血圧検査と、頻回処置 に入る前に必ず、心機能の検査を実施するべきです。なお、安易な自宅での頻回輸液は、下記の用な疾患を併発する可能性があるので、必ず定期的な血圧検査等を実施して下さい。

  ● 安易な点滴が引き起こす危険性
   ・ 高血圧の助長
   ・ 心疾患の助長
   ・ 電解質バランスの破たん
   ・ 上記理由による肺水種、突然死




 

⑦ 点滴治療に関する論文

 

慢性腎障害は、ヒトでは透析治療がメインで、しっかりとした学会ガイドラインがあります。獣医の領域では、点滴(輸液)治療が主体になりますが、この治療法は、例えば輸液の間隔や種類などに関して、個々の病院の経験によるところが多く、(引っ越しなどによる)転院の際、受け入れに非常に苦労することがあります。

現在、当院では、下記の論文を参考にして(無料でPDFで読めます)治療を進めています。

https://doi.org/10.11252/dobutsurinshoigaku.22.7

輸液剤の種類、上記した安易な点滴の注意点など簡単にまとめられているので、参考にして下さい。




 

⑧ 併用薬の危険

 

下記の薬剤は、腎臓病を悪化させる危険があるので注意が必要です。

  ● ACE阻害剤(脱水時)
  ● 消炎鎮痛剤(痛み止め、関節炎の薬)
  ● 甲状腺機能低下剤