■ 骨折治療(R・J+添え木固定変法)


当院では、小型犬、超小型犬に多い前肢の単純骨折を、手術をせずに治療しています。以前は、骨折部位にプレートを入れる手術(プレート法)を行っていましたが(写真①)、この方法は、異物を体内に入れるため、数年後に融合不全や再骨折が起こる事があり、近年、このプレート法は、一部で疑問視されています。

当院では、下記②の写真に示したように、2011年頃から、手術をしない方法で、単純骨折を完治させてきました。多くが若い子の症例ですが、1例のみ10歳を超える老犬の骨折を完治させた経験があり(この症例の際はデジタルレントゲンがなかった為、写真を掲載できません)、同法は、幅広い年齢に適応の可能性があると考えています。犬種に関しては、多くがT・プードル、チワワの症例です。1例のみイタグレの症例がありますが(下写真参照)、イタグレ、ミニピンに関しては、骨折の治癒が難しい犬種であると考えられており、私どもの方法は万能ではないかもしれません。なお、年齢の高い子で骨端が整復されていない場合は、手術が必要になることもあります。

2017年現在、15症例程度同法で完治させています。治療失敗例は、ありません。症例の半数が、長生郡域以外の市外、県外の患者さんですが、長期入院になるため、遠方の方は必ず来院前にお電話下さい。  

 

我々のグループによる学会報告(PDF)。

 


① 従来の金属プレートによる治療のレントゲン写真(金属プレートが確認できます)

 

 

② 当院の方法でのレントゲン写真(金属プレートが無いのがわかると思います)

①、②、④の症例は、骨折部位が手首に近いので整復が難しい場所ですが、金属プレートなしで整復されているのがわかると思います。④の症例は、骨が細く、プレートでの整復が難しいイタリアン・グレーハウンド症例です。本来ならば、常法に従い綺麗な2方向の写真を掲載すれば良いのですが、掲載の都合上、様々な角度から撮影した中で、1方向のみ、飼主さんにもっとも分かりやすい写真で載せています。

 症例 ①

 犬種 : T・プードル

 体重 : 2.5 kg

 月齢 : 4か月

 


     右前肢斜骨折
      治療2カ月後

 

 症例 ②

 犬種 : T・プードル

 体重 : 1.8 kg

 月齢 : 8か月



     右前肢横骨折
      治療2カ月後

 (バンテージをしています)

 

 症例 ③

 犬種 : T・プードル

 体重 : 1.9 kg

 月齢 : 9か月



   右前肢横骨折
      治療4週間後

  (バンテージをしています)

 

 症例 ④

 犬種 : イタグレ

 体重 : 3.0 kg

 月齢 : 4か月



   右前肢斜骨折
      治療4週間後

  (バンテージをしています)

 

 症例 ⑤

 犬種 : T・プードル

 体重 : 3.0 kg

 月齢 : 1.5歳



   右前肢斜骨折
      治療8週間後

  (バンテージをしています)

 

③ 同じ様な治療が受けられる病院

骨折治療器具の特許を持ち、骨折治療における国内屈指の理論的指導者でもある北条動物病院の池水院長先生の指導のもと、下記の病院で、同様の治療を受けることができます。

・ 北条動物病院(兵庫県・加西市)
・ むろや動物病院(北海道・音更)
・ 吉岡どうぶつ病院(北海道・滝川)
・ 出雲ペットクリニック(島根県・出雲市)

 

④ 治療法の概要

単純骨折の場合、両骨折端がある程度接して、かつ骨折部位への血液の供給が十分であれば、当院でおこなっているような固定法(手術しない方法)で、自然に骨折は治癒すると考えています(生物学的な治癒)。生後6カ月齢程度未満であれば骨に縦走する骨膜動脈からの血液の供給が十分あるので、骨折の治癒は早いと思います。しかし、この骨膜動脈は、成長とともに徐々に減少していきます。生後2歳程度以上になれば、骨折部位への血液の供給は、骨外性動脈からのみとなるため、治癒は遅くなります(ただし、骨折刺激により、骨膜への血液供給は刺激され再開されます)。特に筋肉量の少ないイタグレやミニピンの骨への血液供給は、他犬種よりも少ないと思われるため、治癒が困難となることがあると考えられます。

 

⑤ 長期入院になります

1~2か月の長期入院になります。入院中は、定期的に固定のやりなおし(場合によっては鎮静、麻酔下で)をします。下の写真は、たまたま同時期に2例の骨折症例が入院したときのものです。