千葉県茂原市にある動物病院・北森ペット病院の猫専門のサイトです。

予防医学

 ワクチン接種去勢避妊手術ノミ・ダニ駆除お腹の虫の駆除適切なフードの選択定期健診(ニャンニャンドック)が猫さんの予防の基礎になります。また、当院では、猫さん自身の健康に加え、猫さんから人にうつる感染症(人畜共通感染症 ズーノーシス)を予防するという観点からも、ノミ・ダニ・お腹の虫の駆除定期的に行う、定期駆虫プログラムも導入しています。また、猫は皮膚真菌症が無症状性のキャリアになり、ある日突然、飼主や他の猫にうつります。定期的な皮膚の状態の検査もお勧めします。

ワクチン接種

 鼻かぜ口内炎パルボウイルス性白血病エイズを、ワクチンで予防します。パルボ、ウイルス性白血病、エイズは致死性の怖い感染症です。鼻かぜは、人のインフルエンザや風邪のように誤解されますが、猫の鼻かぜは、一度ウイルスが体の中まで入ると一生消えません。人の帯状疱疹のように、体力低下に伴って発症します。特に鼻かぜの予防には、完全室内飼いでも、定期ワクチン接種が必須になります。当院では、こちらのワクチンを取り扱っています。数年に一度、ワクチンメーカーと共同で、ワクチンの臨床研究を実施しております。50頭程無料でワクチンを接種出来ますので、その際はぜひご利用下さい(データを国に報告します)。

 

去勢避妊手術

 当院は猫さんに優しい低侵襲の去勢避妊手術を行っています。避妊手術により乳がん子宮蓄膿症を予防します。去勢手術により、喧嘩が原因でうつる致死性の感染症(エイズ、白血病)の感染を予防します。

 

ノミ・ダニ予防

 ノミ・ダニは、猫さんの血を吸います。加えて、ノミは、猫さんに瓜実条虫(サナダムシ)をうつしたり、痒い皮膚炎をおこさせます。ダニは、怖いウイルスやリケッチアを持っていることがあり、人畜共通感染症で、人が死亡することがあります。動物病院のお薬で、確実に予防・駆虫をしましょう。ホームセンターやドラッグストアの薬は効果が弱く(下図参照)、副作用の実験を行っていないことがあり、とても危険です。猫さんでの死亡例も報告されています。ノミ・ダニ駆除薬は、必ず動物病院で購入しましょう!

ノミ駆除率 ノミ駆除率
ノミ駆除率 ダニ駆除率

 

お腹の虫の駆除

 回虫条虫(サナダムシ、マンソンなど)が有名です。外で保護して飼い始めた猫さんでは、特にお腹の虫の駆除は重要です。あまり知られてはいませんが、人にうつる回虫は、1才を過ぎて猫さんから駆除できなかった場合、一生体の中(筋肉内)に留まります。初期治療、定期駆虫が重要です。

 

 

皮膚真菌症の注意

 猫の皮膚真菌症は、人畜共通伝染病です。仔猫では脱毛症状として発症しますが、しっかりと治さないと、自然に脱毛も治り、そのまま皮膚症状の殆どないキャリア状態になります。キャリアの猫から、ある日突然、飼主に感染したり、多頭飼育の場合は、全頭に感染がまん延し、大変なことになります。全身ウッド灯検査など、簡便な検査方法もあるので、ご相談下さい。

 

適切なフードの選択

 年齢、体重、去勢避妊の有無、体質(皮膚炎や膀胱炎になりやすい)、持病により、フードは選択すべきです。当院では、多種の質の良いお食事をとり扱っています。サンプルもありますので、お気軽にご相談下さい。

 

定期健診(ニャンニャンドック)

 猫さんの死亡原因NO1の慢性腎障害は、早期発見・早期治療をすることにより、寿命が延びます。5~6歳になったら、定期健診を受けましょう。ニャンニャンドックの項目や料金のご相談は、メールでもお受けいたしますので、お気軽にご相談下さい。

猫さんの死因 慢性腎不全発症年齢
猫さんの死因 慢性腎不全発症年齢

 

定期駆虫プログラム

 ペット先進国のアメリカでは、感染症予防に関して世界で最も権威のある米国疾病予防センター(CDC)が、猫さんから人にうつる感染症(人畜共通感染症 ズーノーシス)予防のための定期駆虫プログラムを推奨しています。お外に出る猫さん、小さなお子様やご老人がいる家庭では特に重要です。成猫の場合、お腹の虫に関しては、年に4回程度のプログラムを組むことが可能です。お葉書等でお知らせするプログラムになります。