千葉県茂原市にある動物病院・北森ペット病院の猫専門のサイトです。

低侵襲去勢避妊手術

低侵襲とは?

低侵襲とは、動物の体にできる限り負担をかけないことです。手術においては、できる限り小さい術創(傷)で行うことを、低侵襲手術といいます。

低侵襲避妊手術とは?

 病院によっては、腹部を3~5cm切って、卵巣・子宮を摘出します。術創が大きい為、長期に痛み止めを出す病院もあります。当院では、1cm程度の術創で、卵巣・子宮を摘出するため、痛み止めの必要も無く、基本的に抜糸もありません。人の医療の場合は、低侵襲手術=腹腔鏡手術(ラパロ)です。ラパロは、例えば従来30~40cmだった術創が、数cmの術創(が4箇所)になるなど画期的な低侵襲手術です。最近、動物医療でも、腹腔鏡でラパロ避妊手術を行う素晴らしい動物病院もあります。その場合5mm程度の術創が3箇所開くことになります。当院の方法は、できる限り術創を小さくする 小開腹手術(ミニラパ)になります。

避妊手術の術創 約1cmの術創
避妊手術の術創 約1cmの術創

糸を使用しない去勢避妊手術

 縫合糸を使わずに血管を縫合するシーリングシステムを手術に導入しています。このシステムにより、去勢手術ではまったく糸を使用せず、避妊手術でも腹腔内では糸をほとんど使用することなく手術ができます。このシステム導入により、手術時間の短縮、出血のリスクの低減、縫合糸による糸アレルギーの予防が可能になりました。上記の小開 腹手術に加え、猫さんにとって、低侵襲となる手術です。

シーリングシステム 糸を使わない止血
シーリングシステム 糸を使わない止血