■ 海外新薬輸入


当院では、海外から新薬を輸入し、治療に用いています。
輸入は、獣医師として、正規の手続きをとっています。

 

● 輸入薬の例

多くの薬剤が輸入可能。転院処方の場合は、早めにご相談下さい。

アリジン

 子宮蓄膿症治療薬

 

 

国内に無い新薬。重度の心臓病や腎臓病等で、麻酔をかけられない犬の子宮蓄膿症治療を目的として使用する。効果は70%程度と報告されている。注射剤。

 


シルデナフィル

 肺高血圧治療薬

 

 

国内でも人体薬として販売はあるが非常に高額。輸入薬は1/10程度の価格になる。特殊なお薬のため、定期的な心エコー検査が可能な症例への処方に限る。経口剤。

 


● ロムスチン

 抗がん剤

現在、取り扱いを中止。

輸入再開は、いつでも可能。当院で処方希望の方は、1ヶ月程度前に予約して下さい。

 

 

国内に無い新薬。様々な腫瘍に使用されているが、期待できる効果が得られない。10kgの犬で、月10万以上かけて、数か月程度の延命しかなく、最終的にQOLも下がり、安楽死になるケースが多い。もし、処方を提案された場合は、延命効果の正確なデータを提示してもらうこと。

 


20mg PRS

 高用量ステロイド

 

 

国内に無い薬剤。低用量ステロイドはあるが、この用量の薬剤は無い。大型犬のアトピー性皮膚炎や、リンパ腫治療に使用する。経口剤。

 


メチマゾール

 甲状腺機能亢進症   治療薬

 

国内に同じ薬があるが、国内の薬剤は糖衣錠であるため、分割しづらく、分割しても形が不整になる。輸入薬剤は、分割が容易であるため、小型猫などに用いる際の用量の調整が容易。経口剤。 


 

レボチロキシン

 甲状腺機能低下症 治療薬

 

 

国内に動物薬の同種同効薬はあるが、液体の為、大型犬で薬剤量が増え薬価が高くなる。また液体為、開封後の劣化や、不純物の混入が心配。海外薬は、6種類の用量の錠剤があるため、大型犬でも安価で処方が可能である。 経口剤。

 


ゲンタオティック

 外耳炎治療薬

 

 

国内に同種同効薬はあるが、国内の薬剤は基材が(私の個人的な感想では)悪く、点耳した際に、動物が嫌がる。輸入薬剤は、サラサラで、使用感が良い。ローションタイプの塗り薬

 


ケトコナゾール

 マラセチア治療薬

 

 

国内に無い薬。マラセチア性皮膚炎の治療薬。経口剤。