■ ペットフード




色々な形状があります。上段は犬用、下段は猫用
様々な一般食、病院処方の治療食があります
特殊な粉末タイプ、流動食タイプ

犬猫のフードには、味、形、成分による違い以外にも、様々なタイプのものが存在します。フードは、一生の問題。質の良いフードを選択しなくてはいけません。 当院では、以下の観点からフードを選択することを推奨しています。当院でも様々なフードを取り扱っています。商品販売のページもぜひ参照してください。

 

① フードメーカの選択基準

・ 研究所をもっている
・ 大規模な臨床試験を行える
・ 病気に対応したフードを作ることができる
・ 獣医師が製造等に関与している

 

② フードの選択基準

・ AAFCO基準等を満たしているフード
・ 年齢、肥満度により分類されているフード
・ 国内正規販売品のフード
 (英語表記の直輸入フードは、輸入時に劣化することがあり問題になっています。買わないように。)

 

・ 最近は、病院専売の質の高い一般食(健康なこのフード)があります。

・ 当院でも各種取り揃えていますので、ご相談下さい。

・ 病気治療食(処方食)は、必ずかかりつけの病院で購入しましょう。

・ 当院ではサイエンスダイエット、ロイヤルカナン、ドクターズシリーズを推奨、販売。

・ フード 購入に際しては、サンプルフードで、嗜好性を確認してからの販売となります。

 

③ 処方食を、かかりつけ医以外で購入する行為について

数年前から、処方食を、ネットやホームセンター等で購入する飼主が増え、獣医業界で大問題になっています。処方食は、獣医師による対面販売が基本です。飼主が思っている以上に、処方食を処方するというのは治療的側面が高く(薬の処方と同じです)、それを病院で購入しないという行為は、当然カルテにも記載されないので、獣医師側としては、治療の終了と考えまます(もしくは拒否)。医療は、消費活動ではありません。価格面よりも、安全性(ネットのものは温度管理等不明です)や、獣医師との信頼関係の構築、という側面から、医療をとらえてください。処方食は、利益を獣医業界に還元し、利益が研究費に回るように、必ずかかりつけ医で購入しましょう。

 

 

④ 生食(自家製食)について

自家製食は、食の楽しみという点ではペットフードに勝ります。しかし、例えば腎臓病になった際に、ペットフードのように、寿命を伸ばせる成分の調整が自家製食ではできません。更に、特に犬の場合は、自家製食は、亜鉛の欠乏を引きおこします。自家製食にトライする方は、そのような事も考慮してください。


・自家製食にトライした友人のHP :なんちゃって生食堂