■ 病院設立の目的


当院は、Boso Veterinary Research Center Inc. が以下の8つの業務の為に開院した動物病院です。

① ペットの治療
犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット等の診療を行っています(他の小動物に関してはお問い合わせください)。

② 各種疾患の治療
ペットの総合医として、内科(消化器、循環器、腎臓)、内分泌科(糖尿病、甲状腺、クッシング)、外科、整形外科、産科、泌尿器科、皮膚科、歯科、眼科、腫瘍科、麻酔科、感染症科(寄生虫)、予防科(ワクチン、フィラリア)等の診察を行っています。

③ 予防医療の普及
各種健康診断各種ワクチンを充実させ、予防医療の普及に努めています。

④ 病気の研究
疾患治療の他、疾患メカニズム解明の為の研究業務を行っています。

⑤ 薬剤の臨床研究
新薬、既存薬の効果を調べる為の臨床研究をメーカーと共同で行っています。同研究を行うに際しては、飼主様にご承諾頂き、データの提供をお願いしています。

⑥ 高度医療施設への紹介
より高度な医療を受けて頂く為に、専門医、高度医療施設への紹介を行っています。

⑦ 高度医療施設の選別
技術、設備、症例数、論文数の面から、常に専門医、高度医療施設を選別しています。


⑧ 海外新薬の輸入
症例によっては、国内に存在しない画期的な新薬を海外から輸入して治療に用います。