■ 診療方針


下記方針のもと、ペットの総合医として、内科(消化器、循環器、腎臓、血液、呼吸器 等)、内分泌科(糖尿病、甲状腺、クッシング 等)、外科整形外科産科泌尿器科皮膚科歯科眼科腫瘍科麻酔科感染症科(フィラリア症、寄生虫 等)、予防科(ドック健診、ワクチン)の診療を行っています。


獣医師2人(女・男)と助手1名で診療
● 未熟な勤務医の教育診察は行いません
● 担当医は、生涯、基本的に変更ありません
● 希望で女性獣医師と男性獣医師の選択可
● 犬、猫、小動物の診療を行っています
● ウサギ、フェレットの診療も可能
● ハムスター、モルモットの診療も可能
9の目的の為、診療を行っています
● 一日の診察数を25件に設定しています
● 年間診察数は約5500症例
● 予防期の4、5月の診察可能数は40症例
● 過去の最高診察数は1日60症例
新患の方も常時受け入れております
● 新患数は過去19年で年間平均330症例
セカンドオピニオンも受け付けています
● 飼主さんとのコミュニケーションを重視
● 診察料金のご質問も遠慮なくして下さい
● 爪切り、耳掃除等の日常ケアの相談も可
似非科学や実証が曖昧な治療は極力しない
● 診療の他、手術、入院治療、研究を実施
最新医療機器の設置を常に心がけている
様々な分野専門医との連携を常に考慮
自宅併設なので深夜の入院治療可
● 通常入院の場合、最終回診は深夜2時
● 毎年収入の多くを最新医療機器導入と研究に用いています


【上図の説明(医学へのまなざし)】

私は、その昔・・・・・

製薬会社で、ヒトの循環器系の新薬の探索研究を行っていました。新薬の探索 研究とは、す なわち病態メカニズムの研究なのですが、承知のように病態モデル として犬、猫、ウサギ、フェ レット、ハムスター・・・・・など様々な動物が用いられま す。ヒトの病気の研究と、動物 の病気 の研究は直結してるのです。

   

当時、私は、以下のような分野の研究を行っていました。

 

・ 高血圧

・ 心血管系/冠動脈再狭窄症/動脈硬化

・ 不整脈

・ 腎臓病

・ 血液/血栓症

・ ADME(薬物代謝一般)

 

その研究所でみたものは、医師をはじめ、生物系研究者は当然のこと、物理系・化学系研究者、 数学者などが徹底的に動物を研究する姿でした。間違いなく、動物のデータを一番沢山持って いるのは、獣医学部ではなく、医学部であり、医学系研究所なのです。

 

研究所配属1週間で、医学の凄さ、それに比べて獣医学の浅はかさ・・・・を実感して、しばらくの 間アイデンティティ・クライシス状態でした。獣医学があまりに医学と比べてお粗末な原因は、医師 と獣医師の根本的な能力の差、大学人の質の差、カリキュラムの差、公共事業である医療との予算の差、医学には様々な分野の研究者があつまる点などが、考えられます。   

 

獣医学のはるか先を行く医学・生物学の世界をつねに意識することは、私の使命だと思っていま す。幸い、いまだ最先端の世界で活躍している知人も多くいます。彼らの姿が見える位置程度には 日々の学問を通じて身を置き、可能な限り、動物医療発展のために、彼らを利用したいと思います。