■ 心臓

(写真 : 研究のため当院に検体されたイヌの心臓の写真です。当院ではARVCの調査研究をしています。)

心臓関係の病気は、①フィラリア症 ②不整脈 ③心不全・心筋症に大別されます。心臓病は、初期には症状が顕著にでない場合がありますが、命に関わります。聴診、心電図検査、レントゲン検査、心エコー検査を実施して、獣医師の指導をしっかり守り、治療してください。


① フィラリア症

フィラリア子虫(ミクロフィラリア)の血液中の顕微鏡写真

写真は、フィラリアに感染した犬の血液中に存在する、フィラリアの子虫です。当院の地域は、重篤なフィラリア汚染地域です。この症例は、室内で飼育されていた小型犬で、しかも、フィラリア予防薬を投薬していたにもかかわらず、感染した症例です。飼い主への聞き取りで、実は、しばしば、予防薬を吐き出していたそうです。フィラリア予防薬は、確実に投薬しましょう!

              

 フィラリアの子虫の動画

 

フィラリア予防期間

当院推奨の予防期間は、5月~12月です。予防は、蚊が飛び終わって1カ月後まで必要です。房総地域は重篤なフィラリア汚染地域です。以前に、室内飼いで、11月まで予防していたのに感染したという症例を、2頭経験があります。下表は、神奈川県のデータです。参考にして下さい。

(1) 予防薬投薬期間による感染率の比較

(2) 予防しない場合の感染率

 

フィラリア成虫の摘出手術(青矢印がにっくきフィラリア成虫)

フィラリア成虫を心臓血管系から取り出している手術写真です。青の矢印がフィラリアです。敬愛する友人の獣医師から写真を提供してもらいました。

          

写真提供(グリーン・フォレスト動物病院)

ページTopへ

② 不整脈

不整脈は、院内心電図計24時間ホルター心電図計で検査します。しかし、不整脈が発見されても、なかなか治療に結びつかないのが現状です(人間のCASTの影響も大きいと思います)。しかし、誤診(しばしばテンカン発作と誤診されます)を避ける意味でも、積極的な検査をお勧めいたします。

 

・ 期外収縮系の不整脈

  犬

  猫

 フェレット

 

・ 除脈系の不整脈

  犬

  犬

 フェレット

 

・ 頻脈系の不整脈

  犬

  犬

   

 

・ その他  

 高K血症

 

 

   

 

ページTopへ

③ 心不全、心筋症

聴診、心エコー検査、レントゲン検査が重要になります。犬で多い僧帽弁閉鎖不全症に伴う、慢性心不全症以外の病態は、早期の介入治療が重要になる。

ページTopへ