■ 時間外診療


当院では、開院以来、できる限り時間外診療をなくそう! という目的で、時間外診療の内訳を公表して、飼主自らが意識して時間外診療にならないように心掛けるよう啓蒙しています。以下の事を、じっくりと読んで頂けると幸いです。

 

 時間外診療と救急(急患)の違い

とても誤解が多いのですが、時間外診療と救急(急患)は、違います。時間外診療は、文字通り、診察時間帯以外での診療です。これに対し救急は、緊急の対応を必要とする状況を指しますが、獣医医療では一般的に診察時間帯であれば、いつでも救急の対応は可能です。つまり例えば当院ですと、朝の9時~12時までと、夕方4時から7時までは随時、急患を受け付けています・・・・・・・・という表現になります。

さて、下記の表に2005年当時の当院での時間外診療の内訳を公表しますが、見て頂くとわかるように、実は、時間外診療に占める救急の数は、多くはありません。また、救急の状態でも、飼主の努力で、急患を避けられたケースが多いことがおわかり頂けると思います。

 

 当院の時間外診療に関する状況 

15年前(のまだ若い頃)は、ほぼ24時間体制で、診療を行っていました。夜中の3時ごろに交通事故の手術をして、そのまま診療して、お昼と夜に手術・・・なんてこともありました。しかし、我々も体力的にきつくなり一般の診療に支障がでる可能性が出てきました。更に、数年前に子供ができたこともあり、それまでのような対応ができなくなりました。現在は、下記のようなシステムで、行っています。飼主様には本当に申し訳ありませんが、ご容赦頂きたいと思います。

全力で時間外診療を行っていたときも、心無い飼主の暴言で腹の立つことも多かったです。一番ショックだったのは、急患で深夜手術していた時に、他の子の急患の電話に出られず、かなりひどい文句を言われたことですね。こちらも人間ですので、すべてはカバーできません。

 

 当院での時間外対応(当院患者様のみ)

・ 当院の時間外は、診察日の12:00-16:00、19:00以降、及び日曜・祝日、木曜日です。

・ 時間外診療希望の方は、留守電に診察券番号・名前・状況・連絡先を入れて下さい。

・ 対応可能な場合は、こちらから1時間以内程度に、お電話を差し上げます。

・ 電話を差し上げられない場合は、申し訳ありませんが、他院をお探し下さい。

・ 夜10:00以降は、基本的には対応不可と考えてください。寝てます。

・ 夜間は、防犯のため、いきなり来院されても対応はできません。

 

 当院の産科(出産介助)の対応

産科(出産介助)は、深夜の帝王切開を考慮してのスケジュールを、病院として1ヶ月前から立てなくてはいけません。そのため、産科は、当院患者様で、交配を行う前よりご相談いただいた方のみの対応とさせて頂きます。

当院で産科(出産介助)を希望される方は、当院HPのよくある質問の交配についての項目をお読み下さい。なお、ブリーダーの産科介助は行っておりません。 

  

 獣医業界における状況

人の医療ほどは世間にはイメージされていませんが、獣医業界でも、過労死や、過労による鬱の先生が増えています。私の周辺でも、この10年で、7人の先生が過労死・鬱による自殺で亡くなっています。2009年の報告では英国では、獣医師の(過労、ストレスによる)自殺は、医師よりも多く、通常の職業の2倍程度とのことでした。

 皆さま方のかかりつけの先生をオーバーヒートさせない為にも、飼主自らが時間外診療をなくすように心がけていきましょう!

 

 時間外診療をなくそう!   

24時間診療をうたっている病院をかかりつけにしない限り、時間外での病気の不安は無くならないと思いますが、24時間の病院は非常に少ないです。しかし、当院で、深夜の時間外診療を恒常的に行っていた経験から考えて、多くの時間外診療は、飼主様の努力で減らせることができると思っていました。 時間外診療の内容をしっかり理解して(下表)、時間外診療をなくすように、飼主様自身がが、努力しなくてはいけません。    

              

 当院における時間外診療の内訳(2005年の内訳 142件 野生動物保護を除く)

人の場合は、交通事故、虚血性心疾患(狭心症など)、脳卒中など命にかかわるものが急患としてイメージされますが、ペットの場合は、交通事故は完全室内飼いで避けることができますし、虚血性心疾患はありません(実際は発生しますが、心筋梗塞死には通常至りません)。どちらかというと、急患にならないように飼主様の努力で、予防できるケースが多いのです。

 

下表は、2005年における、当院の時間外診療の142件の内訳です。野生動物の件数は除いています。青のカラムは、飼主様の日ごろの注意により症状を回避、あるいは時間外診療を避けられたケースと思われます。下表と以下の時間外を無くすポイントに日ごろから注意を払って、時間外で困らないようにしましょう!

ウサギ フェレット
食事、おやつ、異物、化学物質が原因の下痢嘔吐 16 膀胱炎・尿石症     11 外傷 2 異物による腸閉塞 2
外傷(咬傷など)         8 食事が無くなった       5 食滞 2 原因不明の元気消 1
胃捻転(大型犬)        4 子猫保護 5 過長歯 1    
呼吸器症状          5 外傷(喧嘩)          4 熱中症 1    
椎間板ヘルニア(ダックス) 4 エイズ・白血病         3 腸ねん転 1    
薬が無くなった         4 帝王切開 2 下半身まひ 1    

ワクチンを打って

3 虫さされ(室内) 2 下痢(コクシ)   1    

歯肉炎(痛み出血)      

3 腎不全による元気消失 2 発情による興奮 1    

痛み(触ると痛がる)     

3 ネズミ捕りが付いた      1 低血糖 1    
皮膚炎(かゆみ)       3 歯肉炎(痛み) 1        
肛門腺の痛み出血      2 交通事故 1        
原因不明の元気消失      2 堕胎手術 1        

てんかん          

2 食事が原因の下痢嘔吐   1        

発情の為の異常興奮    

2 発情の為の異常興奮 1        
肝機能障害による元気消失 2 肝機能障害による元気消失 1        
慢性心不全による元気消失 1 くしゃみ  1        
慢性腎不全による元気消失 1 糖尿病による元気消失   1        
小型犬のねんざ(飛び降り) 1 妊娠による元気消失 1        
交通事故            1 原因不明のよだれ      1        
落下事故(骨折)       1            
皮膚腫瘤の自壊(出血)    1            
熱中症             1            
自己免疫性疾患(血尿)   1            
膵炎               1            
ワクチン接種後の痛み    1            

(Mac系のPCでは表が乱れますがお許しください)

 

 時間外診療を減らすポイント

・ 口に入るものへの注意

・ 特に大型犬は食事の与え方、夕食の時間に注意

・ 食事を変える時は徐々に行う。食べたことの無いオヤツを大量に与えない。

・ 日ごろからの、体調チェック(体重、食欲、排便排尿の状況、体表の異常)

・ 病気の予防を心がける(ワクチン、去勢避妊手術、健康診断)

・ 完全室内飼い、室内環境のチェック

・ 犬の夜間の散歩はしない

・ 歯石のコントロール、歯磨きの実施

・ おかしいな?と思ったら、すぐに病院へかかる (様子をみない)

 

⑨ 時間外救急(急患)の際の病院の選び方

時間外で、非常にシビアな状況である場合は、24時間体制の病院へ行きましょう。間違っても、電話にたまたま出てくれただけの病院へ行ってはいけません。もし手術の必要があったらどうしますか?もし入院の治療が必要であったらどうしますか?スタッフが揃っていない病院へは,絶対に行くべきではありません。以前、犬の低血糖で、獣医師が一人で注射が打てず、適当な処置で死亡したケースを聞いたことがあります。人の医療では、救急を謳える病院はスタッフの数や設備などから法律で規定されていますが、獣医業界はありません。注意が必要です。

当院の院長は以前に24時間体制の動物病院へ勤めていましたが、その病院は、獣医師7人、AHT7人で、当直は獣医師2人体制だったそうです(2人いれば手術は可能)。

県単位であれば、多くの地域で、24時間体制の病院があるはずです。日ごろから調べておくか、かかりつけの先生に聞いておくのも良いでしょう。