■ 歯石を取ろう


『口の中なんて見たこと無い』って飼主さん、いませんよね?お口の健康は、体の健康に直結します。今からでも遅くはありませんので、かかりつけ医に今すぐ相談しましょう。 当院では、お口の健康を維持するための様々な商品も販売しています。お気軽にご相談ください。

また、歯肉炎の放置や、硬いオヤツ・オモチャを与えている小型犬に、急に眼の下が腫れる根尖部膿瘍(歯の根元の膿)が頻発します。根尖部膿瘍は、骨が溶ける疾患ですので、直ちに病院へ行きましょう。

 ● 根尖部膿瘍



眼窩の腫れ(自壊することもある)

 

骨の融解がおきる

 

硬いオモチャによる歯の破折(左)や、歯石・歯周病(右)により根尖膿瘍が発生する


 

右は、根尖膿瘍により抜歯した歯

青矢印(歯)、赤矢印(膿)

歯の眼元側に膿の塊が発生します





 ● 歯石
   犬
   
 
       

 ● 歯石除去



麻酔下にて、超音波スケーラーを用いて除去 しました。


 ● 歯石を放置していると!


・歯周病、歯周炎、ポリープ、エプーリスができます

   


・露出、歯の脱落

  

 


● お口の健康は、全身の健康に影響を与えます。次の点をぜひ考慮ください。

小さい頃からの歯磨き
状態にあった歯ブラシ、歯磨き粉を選択
・ 7~8歳で、歯石除去 (上記の写真)
・ 歯石予防フードを与える(下写真)

 
● ヒルズの処方食t/dによる歯周病予防効果(一般食とt/dを4週間与えた際の比較)

  

  当院でも販売中。サンプルもありますので、ご相談ください。  


● こちらのサイトも参照してください