■ 手術について(実績、麻酔リスク等)


当院は、獣医師2人、助手1人で診察を行っている小さな病院です。外来診察は無論ですが、入院の子の治療、研究、ドック健診をこなすために、一日の麻酔症例を1例(緊急は除く)と決めています。

去勢避妊手術の他、軟部外科手術(膀胱結石・尿道結石摘出術、会陰ヘルニア、胃切開、消化管切開、尿路ぞうそう術 等)、整形外科手術、腫瘍外科手術(腫瘍切除、断脚、脾臓摘出術 等)などを行っています。

獣医領域では、手術以外にも、外傷処置や検査(内視鏡検査など)でも麻酔をかけることがあるので、年間の麻酔症例数は、下記表の手術数の約1.5倍程度になります。

 

手術・麻酔のリスク    

当院では、全身麻酔導入前に、血液検査、血液凝固脳検査(2017年より導入)、心電図検査、胸部レントゲン検査等を行い、全身麻酔導入後は、更に血圧・心電図検査等の測定を実施し、麻酔によるリスクを最小限にするように努力しています( ただし、ウサギ、フェレットは、麻酔導入前に検査が実施できない場合があります。またハムスターは麻酔導入前後ともに実施できません)。


しかし、麻酔による死亡事故は、一定の割合で発生することが報告されています。原因としては、 急性のアレルギーや、CT、MRI検査などでしかわからない疾患の存在等が考えられています。

現在、手術のリスクは、犬(0.05-1.33%)、猫(0.11-1.4%)、ウサギ(0.73-7.37%)と報告されています(PDFの3P)。

 

② 過去の手術数 (麻酔数は下記の1.5倍) 

下記に当院の過去の手術実績を記します。当院で手術を希望する際の参考にして下さい。外傷治療、歯科処置、一部骨折治療(当院は手術しない方法で治癒を目指すため)はカウントしていません。        

  イヌ・ネコ ハムスター ウサギ フェレット その他
2016年 132 128 0 4 0 0
2015年 136 132 0 4 0 0
2014年 129 125 2 2 0 0
2013年 129 125 1 2 1 0
2012年 140 132 3 4 1 0
2011年 148 144 0 2 2 0
2010年 167 155 1 4 0 7
2009年 120 115 1 2 2 0
2008年 112 106 2 3 1 0
2007年 125  115  4 3 2 1
2006年 136 116 9 5 4 2

(2010年は手術数が増えすぎた為、一時、去勢・避妊手術の受け入れをSTOPしていました)

(2013年8月~10月まで、副院長体調不良の為、手術は一時、中断してました) 

(2008年12月~2009年3月まで、院長出産の為、手術は中断してました)