■ ワクチン


①  犬、猫、フェレットワクチンの種類 

② ワクチン接種に関する色々    

③ 感染症を予防するためには

④ 子犬のお散歩開始時期

⑤ ワクチンの臨床研究


① 動物種別のワクチンの種類

当院では、できる限り安全なワクチン接種を心がけおり、 ワクチンアレルギーの原因の一つとして考えられているワクチン内不純物の少ないワクチンを選択するようにしています

 

● イヌのワクチン

下記の3つの混合ワクチンと、狂犬病ワクチンを常備しています。抗体価検査を実施しない場合は、 の選択が一般的です。

 
バルボ
ジス
テンパー
アデノ
伝染性肝炎 Ⅱ型
パラインフルエンザ
コロナ
レプトスピラ
イクテロヘモラジー カニコーラ ヘブドマディス
狂犬病
7種混合
  ワクチン

 

 

 

6種混合
  ワクチン

 

 

 

 

  2種混合
  ワクチン

 

 

 

 

 

 

 

 

狂犬病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコのワクチン

下記の4つの混合ワクチンと、エイズワクチンを常備しています。

 
 
鼻気管炎
カリシ
汎白血球減少症
白血病
クラミジア
ネコエイズ
4種混合
  ワクチン

 

 

 

 
3種混合
  ワクチン

   

     
エイズ
  ワクチン
             

 

● フェレットのワクチン

現在フェレット専用ワクチンは国内に存在しないため、上記のワンちゃんの2種ワクチンを代用しています。

ページTopへ

② ワクチン接種に関する色々

初年度の混合ワクチンは、3回接種(2、3、4~5ケ月齢の接種)、もしくは3か月齢以上で2回の接種が必要です。当院では、毎年50~100例程度、ワクチンの抗体価を測定していましたが、接種時期、接種回数のミスで、十分な免疫がついていない子を、しばしば見ました。そのような子のほとんどが、獣医師の指導を受けず、ショップやブリーダーの指示で接種時期や回数を誤ってしまった子です。稀に1カ月齢で接種している仔に遭遇しますが、この月齢でのワクチン接種は意味がないので、1回目とはカウントしません。

 

● ワクチン接種の基本

・ 体調の良いときに接種
・ 天候の良いときに接種
・ 接種後は炎天下・寒冷所での放置は避ける
・ 接種日は徒歩での来院をできる限り避ける
・ 接種前後にシャンプーはしない
・ 接種後数分は院内もしくは病院付近で待機
・ 接種後は安静に
・ 牛肉・牛乳アレルギーのこは注意
・ 可能であれば、午前中に接種 (アレルギーが発生した場合に、病院が開いている時間)

 

● ワクチンアレルギー(非常に稀に発生 )

・ アナフィラキシーショック
 (接種直後に発生。命に関わる。虚脱症状)

・ 顔腫れ(ムーンフェイス、写真参照)

写真は某有名消臭剤でムーンフェイスになったイヌの写真です。ワクチンアレルギーも同様のムーンフェイスになることがあります。気管の周りに腫れが出ると、窒息して死亡することがあるので、早期の対処が必要です。

 

● ワクチンアレルギーの原因

・ ワクチン内不純物(BSA、ゼラチン等)
・ ワクチン内の保存液 (チメロサール)
・ 動物側の素因

ページTopへ

③ 感染症を予防するには

近年、犬のパルボ、ジステンパーのような命にかかわる感染症の多くは、ペットショップ、ブリーダー由来と考えられています。当院でも、この数年、それらの感染症はすべてペットショップ由来のものでした。ショップからの聞き取り調査では、多くのブリーダーから子犬を集めるため、完全に防ぐことはできないということです。野外感染の可能性もゼロではありませんが、意外なところにリスクはあるので注意が必要です。

・ 初年度のワクチンスケジュール遵守
・ 成長後も定期的なワクチン接種
・ ホテルは生体販売をしていない所に依頼
・ カットは生体販売をしていない所に依頼
・ 生体販売をしているペットショップに犬を連れていかない(フード購入時など)

写真は、検査キットでパルボ感染陽性を確認したもの(矢印の所に赤い線が出れば陽性)。ペットショップで仔犬を購入し、翌日に発症しました。ひどい話です。

ページTopへ

④ お散歩の開始時期

ワクチンプログラムを遵守し、ワクチンプログラム終了までお外に出られないとすると、4~5ケ月齢まで家に閉じ込めることになります。しかし、それでは子犬が可哀想ですし、犬の社会化に失敗することもあります。何ケ月齢から、安心してお外に出たり(お散歩したり)、他の犬と遊べるかは、実はなかなか難しい問題です。どうすれば良いのでしょうか?

 

● パピークラスに参加

・ 動物病院が行っているパピークラスに参加
・ 参加する月齢は動物病院と相談して決める

 

● パピークラスが無い場合

・ 抱っこで近所を散歩(2回目接種以降)
・ 犬の糞や尿を避けて散歩する
・ お散歩がてらペットショップに近づかない
・ 車でドライブ(車内から外界を体験)
・ ワクチン未接種の犬との接触をさける

ページTopへ

⑤ ワクチンの臨床試験

当院では、全国に数ヵ所あるワクチン臨床研究拠点病院として、薬事法83条の規定による、ワクチン市販後研究を実施しています。過去に以下のワクチンに関する研究を実施しました。

・ 2007年 猫用ワクチンフェライン7

・ 2014年 猫用ワクチンフェラインCPR-NA

ページTopへ