■ 健康ドック


① ドック項目

犬のドック項目を下記に示します(猫はこちら)。■■■が一般的な項目で、あとはオプションです。病院では、価格の入った項目表をお示しして、オプションを決めていきます。ネットの料金表示は違法なので、料金はe-mailでお問い合わせ下さい。フェレット、ウサギは、元気な場合、採血が無理なことが多いので、腹部エコー検査(フェレット脾腫、ウサギ子宮がんの検査)を行うことが多いです。外注、心臓エコー、ホルター検査以外は当日結果が出ます

 ● 血液検査 (当院では、多くの疾患が、当日検査可能です。)
 ・ 血球検査 赤血球、ヘモグロビン、Ht、白血球(5分画)、血小板など14項目
 ・ 一般生化学検査 肝臓、ビリルビン、腎臓、血糖値、蛋白、アルブミン、グロブリン等10項目
 ・ 電解質 Na、K、Cl、Ca、P
 ・ 間接甲状腺検査 コレステロールの測定。甲状腺機能低下症ではコレステロールが上昇
 ・ 甲状腺ホルモン 老犬に多い甲状腺機能低下症では、一刻を争うので、当日検査が必須
 ・ 膵臓検査 アミラーゼ(一般生化学にもあり)、リパーゼ、犬特異的膵臓リパーゼ
 ・ 門脈シャント 胆汁酸、アンモニア (陽性の場合は、CT検査)
 ・ クッシング コルチゾール(2017年9月より院内検査開始)
 ・ アジソン コルチゾール(2017年9月より院内検査開始)
 ・ 脂質代謝検査 中性脂肪、総コレステロール(M・シュナウザー、シェルティは必須)
 ・ フィラリア検査 不完全な予防、或いは、予防歴の無い犬
 ・ 高感度腎機能検査 SDMA(院内検査のCre、BUNよりも高感度)(外注)

 ● 血液凝固能検査
 ・ 血液凝固能検査 PT、APTT

 ● 尿検査
 ・ 尿試験紙検査 潜血、pH、蛋白、ブドウ糖、ビリルビン、ケトン体、ウロビリノーゲン
 ・ 尿での腎機能検査 UPC(2017年11月導入予定)
 ・ 顕微鏡検査 尿石結晶の検査
 ・ 尿中細胞診 膀胱がんを疑う場合(外注)

 ● 糞便検査
 ・ 顕微鏡検査 1歳以上では、ある種の寄生虫は検査をすり抜ける事があるので注意
 ・ ジアルジア検査 ジアルジア抗原検査

 ● レントゲン検査
 ・ 胸部 胸腔、肺の異常、心臓病、気管虚脱
 ・ 腹部 尿管結石 巨大結腸症
 ・ バリウム 食道拡張症、異物誤飲など

 ● 腹部エコー検査 (腹部臓器の腫瘍等の検査)
 ・ 腹部腫瘍など 血液検査でチェックできない脾臓、胆嚢、膀胱、前立腺、副腎を検査

 ● 妊娠診断 (初診の方の妊娠診断は行っていません
 ・ エコー診断 受胎は、エコーにて、交配4週後程度から診断可能
 ・ レントゲン診断 レントゲンにて、交配56日頃に、頭数を確認する

 ● 心臓ドック(エコー、心電図検査 等) 心臓検査のページ参照
 ・ 血圧検査 高血圧の評価
 ・ 心エコー 心臓の機能を評価
 ・ 胸部レントゲン 心拡大、肺の状態の評価
 ・ バイオマーカー ANP、BNP、トロポニンの検査(外注)
 ・ 心電図検査 院内で15分程度で測定
 ・ ホルター検査 24時間心電図計を体に装着して検査

 ● 内視鏡検査
 ・ 内視鏡検査 全身麻酔下での検査になります

 ● 眼科検査
 ・ スリット検査 対光反射、前眼房、水晶体(白内障)、硝子体の検査
 ・ 角膜色素検査 色素により角膜の状態を検査します
 ・ 眼圧検査 緑内障の検査
 ・ 涙液量検査 乾燥性角膜炎の検査
 ・ エコー検査 眼内腫瘍、網膜はく離、水晶体脱臼、硝子体の検査

 ● ワクチン抗体価検査(外注)
 ・ 抗体価 11項目測定可能(昔は無料でやってましたが・・・・・)

 ● 遺伝子検査(外注)
 ・ 遺伝病検査 進行性網膜委縮、変性性脊髄症等の診断
  その他、各種遺伝子検査についてはお問い合わせください

 ● アレルギー検査(外注)
 ・ アレルギー検査 概要はこちらを参照してください。

 ● 特殊感染症検査(外注)
 ・ ブルセラ検査 ブルセラ抗体検査

 ● 外部研究所との連携(下記の機関の項目はすべて検査可能)
 ・ モノリス http://www.monolis.com/publics/index/9/
 ・ アイデックス http://www.idexx.co.jp/smallanimal/reference-laboratories/testmenu.html#tab1
 ・ ケーナインラボ http://www.canine-lab.jp/
 ・ LSIメディエンス http://www.medience.co.jp/animal/animal_04.html
 ・ カホテクノ http://www.kahotechno.co.jp/clinic/index.html


②実際のドックでの症例

● 尿検査


  

尿顕微鏡 尿石の結晶(食事で完治)

赤矢印 : ストラバイト結晶

左の写真の様な結晶を放置するとできる尿石。実際に当院で手術で摘出したもの。それぞれ4頭から摘出した違う種類の石ですが、右端の多数の石は、なんと4kgのシーズー1頭から出てきた石。

● 糞便検査


3か月にわたる下痢。飼主はあきらめていたが、検査により鞭虫卵を発見。駆虫により完治。

糞便検査・顕微鏡  鞭虫症

 

● レントゲン検査


肺野に異常が認められる(無症状)。

胸部レントゲン

 



尿管の結石(無症状)。専門病院での手術で完治。

腹部レントゲン 

 


 


  

バリウム検査 食道拡張症

通常バリウムは、経口接種後、胃に入るため(青矢印)、食道では検出されない(緑矢印)。

しかしこの症例では、拡張した食道部分にバリウムが検出されている(赤矢印)。

バリウム検査 食道拡張症

左同様に、食道拡張症。両症例とも、食後の嘔吐が気になるとのことで健診を受けた。

 

● 腹部エコー検査     


腎臓の腫瘍(無症状)。専門病院での手術で完治。

腎臓腫瘍(手術により長期生存)

青矢印 : 腎臓   白矢印 : 腫瘍

 



まったく症状の無い膀胱結石の症例が多数見られます。結石の大きさによって、手術、食事療法を選択いたします。  

膀胱結石(手術、食事療法)

赤矢印 : 結石

 



  

膀胱腫瘍(手術により完治)

青矢印 : 膀胱   白矢印 : 腫瘍

左の症例。この子も無症状でした。腫瘍摘出後、検査の結果、良性であることがわかりました。その後、長期生存いたしました。



 

胆嚢・粘液のう腫

キウイフルーツ状の胆嚢が認められる

左の症例。検査半年後、急な食欲廃絶、黄疸の症状が出て、胆嚢粘液のう腫となり、手術により胆嚢を摘出。完治いたしました。



血液検査、全身状況と併せて判断する。

副腎の短径を測定し、クッシングの判断を行
う。 小型犬は3~5mm、大型犬は5~10mmが
正常。 場合によってはCT検査で手術を模索
(紹介)。

副腎腫瘍の腫大

赤矢印 : 右副腎  白矢印 : 結節、腺腫

 



 

前立腺肥大

1年くらい尿の切れが悪いとのことで健診

左の症例。薬物投与、3週間後、面積比で1/6、長さで1/3になった。



左の写真は、犬の前立腺肥大です。排便障害、排尿障害、血尿になります。去勢でほとんどが完治しますが、稀に腫瘍化し治療困難のものもあります。去勢手術ができない場合は、ホルモン剤治療を行います。

前立腺肥大(去勢手術により完治)

白矢印 : 肥大前立腺  赤矢印 : 膿胞

 

● 心臓エコー検査


  

PDA(動脈菅開存症)

右の写真も同症例

他院にて、聴診のみで僧帽弁閉鎖不全症として
治療されていたが、心エコー検査にてPDAと診断。



この子は、僧帽弁逆流も併発している症例。

聴診のみの僧帽弁逆流の仮診断で、治療中で
あったが、ドックにて三尖弁の異常も確認。今後、肺高血圧の経過を観察する必要がある。

三尖弁逆流

 

● 内視鏡検査


左の写真は極めてまれな内視鏡写真で、友人の獣医師から頂いたものです。出血性の下痢が続く犬の大腸内に、寄生虫(白矢印)がいるのが見てとれます。健康診断で見つかったものではありませんが、こういう事例もあるということで掲載しました。

白矢印 : 寄生虫