■ 健康ドック


 

健診コース(ドックの)ご案内

 

当院検査可能項目

 

実際に見つかった症例


① 健診コースのご案内

 


・ 3つのコースと、心臓ドックをご提案

・ 再診料に加え、以下の料金で設定

・ 通常検査価格よりも、15~50%の低価格で設定

・ オプションも低価格でご提案

・ 下記の① 当院検査可能項目からの細かい追加も可能

・ 要予約 (1週間以上前の予約が必要、予約は電話またはe-mailで)

・ 朝食を抜いて、午前10時までに来院

・ 尿、便を持参 (採尿容器は事前にお渡し致します)

・ ライトコース以外は、夕方まで病院でお預かり

・ 表示料金は、あくまで健診の料金で、通常診療時の料金とは異なります

・ ウサギ、フェレットは、採血不可な場合もある為、ご相談

・ 料金のHP表示は違法ですが、人も予防行為はOKなので掲載しました


● ワンちゃん健診コース
      ライト   ベーシック    フルサポート   心臓ドック
一般身体検査  体重、聴診、歯石チェック
糞便検査  顕微鏡        
血液検査  血球検査
   生化学        
   電解質        
   間接甲状腺(コレステロール        
尿検査  一般+顕微鏡        
   UPC          
レントゲン検査  胸部          
   腹部              
超音波検査  腹部            
   心臓              
心電図検査              
血圧測定              
眼圧測定
料金(税込み)     10800 円   15120 円   19440 円   10800 円

● ネコちゃん健診コース
      ライト   ベーシック    フルサポート   心臓ドック
一般身体検査  体重、聴診、歯石チェック
糞便検査  顕微鏡        
血液検査  血球検査
   生化学        
   電解質        
   甲状腺ホルモン        
尿検査  一般+顕微鏡        
   UPC          
レントゲン検査  胸部          
   腹部              
超音波検査  腹部            
   心臓              
心電図検査              
血圧測定              
眼圧測定
料金(税込み)     10800 円   16200 円   19440 円   10800 円
   (ニャンニャンドックは、ベーシック以上は甲状腺ホルモンは含まれています)

 『オプション 』
 ・ 心臓超音波(エコー)検査  5400 円
 ・ ホルター心電図検査 相談
 ・ 眼科検査(超音波、眼底、白内障、眼圧、涙液量、角膜)  4320 円
  ・ メタボ検査(コレステロール、中性脂肪)シェルティ、シュナウザー   864~1728 円
 ・ 甲状腺ホルモン検査  3150 円
 ・ 副腎ホルモン検査(簡易クッシング、アジソン  3150 円
 ・ 内視鏡検査 相談
 ・ 猫エイズ・白血病検査  3456 円


② 当院検査可能項目

■■■■■が上記の健診コースの項目と、オプション内容。

 ● 血液検査 (当院では、多くの疾患が、当日検査可能です。)
 ・ 血球検査 白血球(5分画)、赤血球、ヘモグロビン、血小板 等
 ・ 生化学・電解質 肝臓、ビリルビン、腎臓、血糖値、膵臓、蛋白、アルブミン
  グロブリン、Na、K、Cl、Ca、P 等
 ・ 間接甲状腺検査 コレステロール測定。甲状腺機能低下でコレステロール上昇
 ・ 甲状腺ホルモン 老犬に多い甲状腺機能低下症では緊急で当日検査が必須
 ・ 膵臓検査 アミラーゼ(一般生化学にもあり)、特異的膵臓リパーゼ 等
 ・ 門脈シャント 胆汁酸、アンモニア (陽性の場合は、CT検査)
 ・ クッシング コルチゾール
 ・ アジソン コルチゾール
 ・ 脂質検査 中性脂肪、コレステロール(シュナウザー、シェルティ等)
 ・ 脂質分画検査 コレステロール分画検査(外注)
 ・ フィラリア検査 不完全な予防、或いは、予防歴の無い犬
 ・ 高感度腎機能検査 SDMA(院内検査のCre、BUNより高感度)(外注)

 ● 血液凝固能検査
 ・ 血液凝固能検査 PT、APTT

 ● 尿検査
 ・ 一般尿検査 潜血、pH、蛋白、糖、ビリルビン、ケトン、白血球、亜硝酸
 ・ 特殊尿検査 一般尿検査に加え当院では尿での腎機能検査が可能(UPC)
 ・ 顕微鏡検査 尿石結晶の検査
 ・ 尿中細胞診 膀胱がんを疑う場合(外注)

 ● 糞便検査
 ・ 顕微鏡検査 成猫犬では、寄生虫が検査をすり抜ける事があるので注意
 ・ ジアルジア検査 ジアルジア抗原検査

 ● レントゲン検査
 ・ 胸部 胸腔、肺の異常、心臓病、気管虚脱
 ・ 腹部 腹部の腫瘍 尿管結石 巨大結腸症 等
 ・ バリウム 食道拡張症、異物誤飲など

 ● 腹部エコー検査 (腹部臓器の腫瘍等の検査)
 ・ 腹部エコー 血液検査でチェックできない脾臓、胆嚢、膀胱、前立腺、副腎を検査

 ● 妊娠診断 (初診の方の妊娠診断は行っていません
 ・ エコー診断 受胎は、エコーにて、交配4週後程度から診断可能
 ・ レントゲン診断 レントゲンにて、交配56日頃に、頭数を確認する

 ● 心臓ドック(エコー、心電図検査 等) 心臓検査のページ参照
 ・ 心エコー 心臓の機能を評価
 ・ 胸部レントゲン 心拡大、肺・胸腔の評価
 ・ 心電図検査 院内で15分程度で測定
 ・ 血圧検査 高血圧の評価
 ・ バイオマーカー ANP、BNP、トロポニンの検査(外注)
 ・ ホルター検査 24時間心電図計を体に装着して検査

 ● 内視鏡検査
 ・ 内視鏡検査 全身麻酔下での検査になります

 ● 眼科検査
 ・ スリット検査 対光反射、前眼房、水晶体(白内障)、硝子体の検査
 ・ 角膜色素検査 色素により角膜の状態を検査します
 ・ 眼圧検査 緑内障の検査
 ・ 白内障検査 細かい検査は散瞳させて行います
 ・ 涙液量検査 乾燥性角膜炎の検査
 ・ エコー検査 眼内腫瘍、網膜はく離、水晶体脱臼、硝子体の検査
 ・ 眼底検査 PRA、網膜はく離、眼底出血

 ● 皮膚検査
 ・ 全身ウッド灯検査 皮毛に光をあてキャリア(無症状)の真菌症を検査

 ● ワクチン抗体価検査(外注)
 ・ 抗体価 11項目測定可能(昔は無料でやってましたが・・・・・)

 ● 遺伝子検査(外注)
 ・ 遺伝病検査 進行性網膜委縮、変性性脊髄症等の診断
  その他、各種遺伝子検査についてはお問い合わせください

 ● アレルギー検査(外注)
 ・ アレルギー検査 概要はこちらを参照してください。

 ● 感染症キャリア検査
 ・ 猫エイズ白血病 猫エイズ・白血病検査

 ● 特殊感染症検査(外注)
 ・ ブルセラ検査 ブルセラ抗体検査

 ● 外部研究所との連携(下記機関の項目は全て検査可能)
 ・ モノリス http://www.monolis.com/publics/index/9/
 ・ アイデックス http://www.idexx.co.jp/smallanimal/reference-laboratories/testmenu.html#tab1
 ・ ケーナインラボ http://www.canine-lab.jp/
 ・ LSIメディエンス http://www.medience.co.jp/animal/animal_04.html
 ・ カホテクノ http://www.kahotechno.co.jp/clinic/index.html
 ・ スペクトラムラボ http://www.slj.co.jp/


③ 実際のドックでの症例

● 尿検査


  

尿顕微鏡 尿石の結晶(食事で完治)

赤矢印 : ストラバイト結晶

左の写真の様な結晶を放置するとできる尿石。実際に当院で手術で摘出したもの。それぞれ4頭から摘出した違う種類の石ですが、右端の多数の石は、なんと4kgのシーズー1頭から出てきた石。



● 糞便検査


3か月にわたる下痢。飼主はあきらめていたが、検査により鞭虫卵を発見。駆虫により完治。

糞便検査・顕微鏡  鞭虫症

 



● レントゲン検査


肺野に異常が認められる(無症状)。心臓エコー検査の項目参照。

胸部レントゲン

 



尿管の結石(無症状)。専門病院での手術で完治。

腹部レントゲン 

 



  

バリウム検査 食道拡張症

通常バリウムは、経口接種後、胃に入るため(青矢印)、食道では検出されない(緑矢印)。

しかしこの症例では、拡張した食道部分にバリウムが検出されている(赤矢印)。

バリウム検査 食道拡張症

左同様に、食道拡張症。両症例とも、食後の嘔吐が気になるとのことで健診を受けた。

 



● 腹部エコー検査 

① 腎臓


腎臓の腫瘍(無症状)。専門病院での手術で完治。

腎臓腫瘍(手術により長期生存)

青矢印 : 腎臓   白矢印 : 腫瘍

 


尿菅結石で、腎臓から出る尿菅が拡張している。

人は激痛だと聞くが、無症状。血液検査も問題な

かった。超小型犬であった為、専門病院での手術

で完治。

尿菅結石による尿菅の拡張

赤矢印 : 腎臓   青矢印 : 尿菅拡張

 


1kg、15歳の高齢超小型犬の腎臓結石。

腎臓結石

赤矢印 : 結石   

 


② 膀胱


まったく症状の無い膀胱結石の症例が多数見られます。結石の大きさによって、手術、食事療法を選択いたします。  

膀胱結石(手術、食事療法)

赤矢印 : 結石

 


  

膀胱腫瘍(手術により完治)

青矢印 : 膀胱   白矢印 : 腫瘍

左の症例。この子も無症状でした。腫瘍摘出後、検査の結果、良性であることがわかりました。その後、長期生存いたしました。


③ 胆嚢


胆嚢

赤矢印 : 正常(黒い円形)

胆泥症

胆嚢の中に白いものが映る

胆嚢壊死・破裂

胆泥症の一部で、左下の粘液のう腫と共に発生することがある(緊急手術)


 

胆嚢・粘液のう腫

キウイフルーツ状の模様が胆嚢に出現

左の症例。検査後、急な食欲廃絶、嘔吐、黄疸、黄色い尿の症状が出て、緊急手術により胆嚢を摘出。完治いたしました(下記の3写真も参照のこと)


④ 副腎


血液検査、全身状況と併せて判断する。

副腎の短径を測定し、クッシングの判断を行
う。 小型犬は3~5mm、大型犬は5~10mmが
正常。 場合によってはCT検査で手術を模索
(紹介)。

副腎腫瘍の腫大

赤矢印 : 右副腎  白矢印 : 結節、腺腫

 


⑤ 前立腺


 

前立腺肥大

1年くらい尿の切れが悪いとのことで健診

左の症例。薬物投与、3週間後、面積比で1/6、長さで1/3になった。


左の写真は、犬の前立腺肥大です。排便障害、排尿障害、血尿になります。去勢でほとんどが完治しますが、稀に腫瘍化し治療困難のものもあります。去勢手術ができない場合は、ホルモン剤治療を行います。

前立腺肥大(去勢手術により完治)

白矢印 : 肥大前立腺  赤矢印 : 膿胞

 


未去勢の犬に多い前立腺膿胞。見た目は全く問題ない尿であるが、尿検査により血尿を確認。エコー検査にて、前立腺膿胞に伴うものと診断した。去勢により完治。去勢してない子は、尿検査を欠かさないようにして下さい。

前立腺肥大・膿胞

赤矢印 : 膿胞

 


⑥ 脾臓


脾臓は、血液検査では異常が見つけられない臓器のひとつ。症状はなく、たまたまの健診でみつけ、摘出により延命できた。

リンパ腫

 

 


急性の貧血のため精査した。色々問い詰めると数日前にお腹をけってから調子が悪いとのことだった。

脾臓の出血(破裂)

 

 


● 生殖器


転院症例。片側の精巣が無いとのことで来院。鎮静化にて皮下に5~7 mmの精巣を確認。摘出した。

停留精巣(陰睾)

 

 



● 心臓エコー検査


原因不明の腹水で来院  

犬の先天性心奇形うち、0.1%の発生率
赤矢印(左心房)、緑矢印(2つに分離した右心房)

右三心房(先天性心奇形)

 

 


  

PDA(動脈菅開存症)

右の写真も同症例

他院にて、聴診のみで僧帽弁閉鎖不全症として
治療されていたが、心エコー検査にてPDAと診断。


この子は、僧帽弁逆流も併発している症例。

聴診のみの僧帽弁逆流の仮診断で、治療中で
あったが、ドックにて三尖弁の異常も確認。今後、肺高血圧の経過を観察する必要がある。

三尖弁逆流

 


無症状(レントゲンの項目参照)。超高齢の犬の健診で発見。

横隔膜ヘルニア

赤:心臓 黄:肝臓 青:胆嚢

 


  

心室中隔欠損症(心臓に穴があく)

赤矢印は左室から右室れの流れ

右症例の穴の大きさを測定(2.1 mm)


● 眼科


突然の失明の猫

エコーで、網膜剥離に特徴的なガルウイング(カモメの翼)を確認

高血圧性の網膜剥離

赤矢印は、はく離した網膜

 



● 番外編(ヒトの頸動脈)


  

ヒトの頸動脈

機械をもっていると自分の見たくなるのがサガ

ですね。前立腺もありますが、まあいいか(笑)

右の拡大:赤矢印の内中膜複合体が1 mm以下

が正常。私は0.5 mmで正常範囲内。1 mmを超え

ると動脈硬化

● 皮膚真菌検査


 

無症候型の真菌症(飼主の感染で発覚)

猫は痒みもなく脱毛も特になく、キャリアとなる

左の症例

ウッド灯を照射すると発光(遺伝子検査等で確定)


● 内視鏡検査


左の写真は極めてまれな内視鏡写真で、友人の獣医師から頂いたものです。出血性の下痢が続く犬の大腸内に、寄生虫(白矢印)がいるのが見てとれます。健康診断で見つかったものではありませんが、こういう事例もあるということで掲載しました。

白矢印 : 寄生虫